島根県のおすすめドローンスクール【取得できる資格(免許)・料金・口コミを比較】

島根県では民間資格や、国家ライセンスを取得できるほか、専門的な知識を習得できるドローンスクールがあります。

農産業の分野や赤外線点検、太陽光パネルなどの専門的な講習も充実しているのです。

アフターフォローがしっかりしているスクールも多く、資格取得や技能の習得で終わりではなく、卒業後もスキルを磨くために練習場の貸出をしていただけたり、起業に向けて相談にのってもらえたり、各種イベントを準備しているスクールが充実しています。

受講料や講習内容等はそれぞれのスクールによって異なりますので、島根県でドローンスクールをお探しの方は、比較しながら自分に合うものを探してみてください。

ドローンスクール名 ドローンマスターズスクール 島根松江校 島根ドローンサービスセンター 出雲高等自動車教習所 ドローンスクール 株式会社SWIFT
無料体験 有り 有り 無し 無し
取得できる民間資格 回転翼3級 JUIDA 無し JUIDA
民間資格取得料金 ¥327,800 ¥183,000 無し ¥250,800
国家資格二等(民間資格無) ¥231,000 ¥185,900 無し 無し
国家資格二等(民間資格有) ¥90,200 ¥67,100 無し 無し
国家資格一等(民間資格無) ¥415,800 ¥685,300 無し 無し
国家資格一等(民間資格有) ¥319,000 ¥218,900 無し 無し

またドローンの資格を取るにあたり各都道府県でドローンの練習場を探している方は下記も参考にしてみてください。

>>全国のドローンを飛ばせる練習場所まとめ<<

▼期間限定!キャッシュバックキャンペーン開催中!▼

ドローンマスターズスクール 島根松江校【松江市】


引用元:ATCL×DMS

ドローンマスターズスクールは、大阪、姫路、岡山、島根にスクールを構える西日本最大級のドローンスクールです。

受講生は2000人を突破。

中国地方のドローンの需要に応えるべく、様々なコースが準備されています。

無料体験会も開催されており、空撮用や講習用のドローンの操縦体験や、ドローンの免許制度、最新の活用事例なども詳しくご紹介していただけるので、初心者の方でも安心。

また受講生の得意不得意を見ながら個人個人のペースに合わせて、完全個別指導で丁寧な指導をしてくださいます。

アフターサポートもしっかりしていて、ドローン購入時に相談や操縦方法やアプリ操縦のアドバイス、ドローン導入に関するコンサルティング、クラウドサービスの導入支援など各種ご相談にものっていただけるのです。

卒業後にはさらに技術を磨くために練習場の貸し出しもしていただけます。

ドローンマスターズスクールの受講生には、ギフトカードのプレゼントや練習場無料貸出チケット、飛行申請作成の手順書などの嬉しい特典も。

 

営業時間 9:00~15:00
定休日 土・日曜日
電話番号 0852-54-9666
メールアドレス メールdms@atcl.co.jp
問い合わせフォーム https://atcl-dsj.com/dsj/contact/
公式サイト ATCL×DMS
SNS Twitter→ https://twitter.com/DSJ_Himeji/
Facebook→ https://www.facebook.com/DSJHimeji
Instagram→ https://www.instagram.com/DSJ_himeji/
取得可能資格 ドローン操縦士回転翼3級
一等無人航空機技能証明証
二等無人航空機技能証明証
DJI農業ドローン技能認定証
無料体験 有り
https://atcl-dsj.com/dsj/entry-free/
スクール所在地 〒690-2103 島根県松江市八雲町西岩坂396-4
地図・アクセス

ドローンマスターズスクール 島根松江校で受講できるコース一覧と口コミ

国家資格 1等ライセンス

ドローンのプロを目指す方や、補助者なしでドローンを飛ばしたい方におすすめです。

国家資格1等ライセンスを保持していれば、一定の条件において申請、許可の手間が省けるメリットがあります。

また有人地帯において目視外飛行が可能となり、これまで飛行できなかった場所での飛行もできるようになるのです。

経験者コースは、DPA回転翼3級やJUIDA無人航空機操縦技能など指定された民間資格を修了している方が対象となりますので、詳しくは直接お問い合わせの上ご相談ください。

コース名 国家資格 1等ライセンス
定休日 土・日曜日
講習時間 【経験者】
必要日数:2日間~
【初学者】
必要日数:6日間~

講習内容
・無人航空機操縦者の心得
・無人航空機に関する規則
・無人航空機のシステム
・無人航空機操縦者及び運航体制
・航空上のリスク管理
・着陸、後場リング、前後左右の移動などの基本的操縦
・GNSSオフの状態からの8の字飛行、異常事態における飛行などの高度な操縦

受講料 経験者 319,000円~(税込)
初学者 415,800円~
※修了審査費用(1回分)込
その他備考 ・初心者と経験者で料金と講習時間が異なります
・終了審査に合格することで、指定試験機関での最終試験の実技審査が免除となります
・実技に必要なドローン機材一式は全て無料で貸出します
国家資格 2等ライセンス

国家資格2等ライセンスを取得すれば、一定の条件下での申請、許可なしでドローンを飛ばせるようになります。

仕事でドローンを使用される方にとって、さらに活躍の場が広がるはずです。

初学者と経験者のコースがあり料金や講習日数が異なります。

初学者は初めてドローンを飛ばす方、経験者はDPA回転翼3級やJUIDA無人航空機操縦技能など指定された民間資格を修了している方が対象です。

コース名 国家資格 2等ライセンス
定休日 土・日曜日
講習時間 【経験者】
必要日数:1日間~
【初学者】
必要日数:4日間~

講習内容
・無人航空機操縦者の心得
・無人航空機に関する規則
・無人航空機のシステム
・無人航空機操縦者及び運航体制
・航空上のリスク管理
・着陸、後場リング、前後左右の移動などの基本的操縦
・GNSSオフの状態からの8の字飛行、異常事態における飛行などの高度な操縦

受講料 経験者 90,200円~(税込)
初学者 231,000円~(税込)
※修了審査費用(1回分)込
その他備考 ・初心者と経験者で料金と講習時間が異なります
・終了審査に合格することで、指定試験機関での最終試験の実技審査が免除となります
・実技に必要なドローン機材一式は全て無料で貸出します
民間資格 DPA回転翼3級

趣味でドローンを飛ばしてみたい方、業務においてドローンを使用したい方にもおすすめの、民間資格DPA回転翼3級が取得できるコースです。

取得することで飛行許可申請の一部を簡略化できるメリットも。

民間資格を保有していれば、この先国家ライセンス取得を目指す際の講習時間や料金が軽減されるのでおすすめです。

コース名 民間資格 DPA回転翼3級
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:3日間

講習内容
座学・実技
・着陸、ホバリング、前後左右の移動等の初歩的操縦
・GPSオフの状態からの円移動等の高度な操縦など
・基礎から発展的な技術まで(30種類以上)が取得できます

受講料 327,800円(税込)
※ドローン操縦士回転翼3級申請費用込み
その他備考 ・実技に必要なドローンや機材一式は全て無料で貸出します
・日程を自由に指定できます。申し込みフォームよりご希望の日時をご入力ください
外壁屋根点検コース

回転翼3級コースや免許コースとセットで受講していただけるオプションコースです。

国家資格コースか回転翼3級コースを修了して、建物点検業務を実施したい個人や法人の方が対象となります。

建物の点検を実施するために必要な操縦技術の習得が可能です。

コース名 外壁屋根点検コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:2日間

講習内容
・島根松江校所有の建物を使って外壁の点検作業を体験
・可視光と赤外線カメラで剥離や水漏れなどを撮影
・比較してみないと分からない外壁の問題をすばやく解決できるスキルの習得

受講料 220,000円(税込)
その他備考 ・国家資格コース修了者、もしくは回転翼3級コース修了者が対象
・受講日はお好きな日程を指定できます(2日連続、あるいは隔週1日ずつなど)
太陽光パネル点検コース

回転翼3級コースや免許コースとセットで受講していただけるオプションコースです。

国家資格コースか回転翼3級コースを修了して、太陽光パネルの点検業務を実施したい個人や法人の方が対象となります。

太陽光パネルや発電所点検業務を実施するために必要な操縦技能が習得可能です。

コース名 太陽光パネル点検コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:2日間

講習内容
・島根松江校所有の太陽光発電所で、インフラ点検業務を練習
・人の目では確認できない温度の差を赤外線カメラを使って可視化します

受講料 220,000円(税込)
その他備考 ・国家資格コース修了者、もしくは回転翼3級コース修了者が対象
・受講日はお好きな日程を指定できます(2日連続、あるいは隔週1日ずつなど)
農業コース

回転翼3級コースや免許コースとセットで受講していただけるオプションコースです。

国家資格コースか回転翼3級コースを修了して、農業分野において農薬散布を実施したい個人や法人の方が対象となります。

コース名 農業コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:3日間~

講習内容
・農業散布を実施するために必要な操作技術の習得

受講料 要問い合わせ
チャレンジコース

ドローン操作をしたことが無く体験してみたい方、ドローンに興味がある方を対象とした初心者向けのコースです。

ドローンの基本的な知識からシミュレーターソフトを使った操作体験まで、実際にスクールで使用するドローンを操縦できます。

満10歳以上の方から受講できるので、ご家族での参加も可能です。

ドローン専用飛行場にて、DMSのインストラクターが、初心者向けのドローン操縦訓練などを行います。

チャレンジコースは常時開催していますので、都合の良い日時で体験していただけます。

コース名 チャレンジコース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要時間:60分

講習内容
【座学・実技】
・ドローンについての基礎知識
・シミュレーター体験
・着陸、ホバリング、前後左右の移動等の初歩的操縦

受講料 11,000円(税込)
※テキスト代、認定証、カード発行費込み
その他備考 ・受講年齢:満10歳以上
・操縦訓練用のドローンは無料でレンタルしていただけます
ドローンマスターズスクール 島根松江校の口コミ

ドローンを飛ばすことの難しさ、楽しさを講師の方が丁寧に教えてくださいました。
無事にスクールを卒業することができました! ここのスクールに出会えたこと感謝します。


Google

 

最初は不安なことばかりでしたが講師の方が優しく丁寧にかつポジティブに説明をしてくれたので、前向きに受講することができました!
難しい環境での飛行もコツを教えてもらえるので楽しくできました!


Google

 

マンツーマンで丁寧に教えていただきました。
前向きに講習に向かう意識づけをしてくれたので、難しい動作も何度もトライしてコツが掴めるようになりました。ありがとうございます。


Google

 

フライト、ビジネスコースを受講しました。
丁寧にご指導頂き、操作に自信がつきました。
今後は業務に生かしていければと思います。


Google

 

先生がとても話しやすく、なんでも相談させていただけました。機械購入なども自分に合った物や扱いやすいものなどの提案などもいただき助かりました。


Google

 

 

島根ドローンサービスセンター【出雲市】


引用元:島根ドローンサービスセンター

島根ドローンサービスセンターは、島根県で有名な出雲大社の傍にスクールを構えています。

空撮、点検、測量、水中点検、農業分野など特に事業関連の講習に力を入れられているようです。

講師は実際にドローン業務に携わっている現役パイロットの方ばかり。

事業の現場で培ったノウハウを伝えながら、事業や業務に直結するような具体的で実践的な指導をしていただけます。

専門分野だけでなく、ドローン入門にJUIDA認定資格や国家ライセンスを取得するための講習もされています。

 

営業時間 8:30~17:00
定休日 日曜日
電話番号 0853-31-8900
メールアドレス shimane.dsc@gmail.com
問い合わせフォーム https://www.drone-sc.jp/inquiry
公式サイト Shimane Drone Service Center
SNS Instagram→ https://www.instagram.com/daogendoronsa
YouTuber→ https://www.youtube.com/@user-ee9yx9hx6p/featured
取得可能資格 一等無人航空機操縦士
二等無人航空機操縦士
JUIDA操縦技能証明証
JUIDA安全運航管理者証明証
赤外線建物診断技能士
安全潜航操縦士
無料体験 有り
https://www.drone-sc.jp/drone-course
スクール所在地 〒693-0043 島根県出雲市長浜町1372-9
地図・アクセス

島根ドローンサービスセンターで受講できるコース一覧と口コミ

JUIDA認定無人航空機操縦技能講習

JUIDAが定める無人航空機操縦技能を受講、修了することで取得できる民間資格です。

資格を取得することで、ドローン操縦に対しての一定知識や技量を証明でき、業務でのドローン活用の際にも信用性が増します。

操縦技能証明証を持つことで、航空局の無人航空機申請手続きの際に必要な一部書式の提出も免除になるなどのメリットもあるのです。

コース名 JUIDA認定無人航空機操縦技能講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:3日間
受講料 183,000円+税
その他備考 ・受講年齢:16歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
JUIDA認定無人航空機操縦技能+安全運航管理者講習

操縦技能コースの内容に加え、安全管理者としての資格も取得できます。

プロレベルの安全管理の基礎知識やリスクアセスメントを習得可能です。

操縦技能の知識に加え、無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の際にリスクアセスメントの検討ができるようになります。

コース名 JUIDA認定無人航空機操縦技能+安全運航管理者講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:3日間
受講料 198,000円+税
その他備考 ・受講年齢:18歳以上
一等無人航空機操縦士技能証明取得講習

一等無人航空機操縦士の国家ライセンスが取得できる講習です。

一等資格は、飛行経路上の第三者の立入を管理できない場面で必須となる資格で、レベル4飛行におけるドローン運用を行う上で必須となります。

国家資格を有することで、ビジネスシーンでも信頼性が増し、業務の幅が広がるのです。

初学者は最短9日間、他の民間資格等をお持ちの経験者は最短3日間からの講習で、国家ライセンス取得を目指せます。

コース名 一等無人航空機操縦士技能証明取得講習
定休日 日曜日
講習時間 【初学者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満):学科18時間、実地50時間(9日間~)
・限定変更(目視外):実地7時間
・限定変更(夜間):実地1時間
・限定変更(25㎏以上):実地2時間
【経験者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満):学科9時間、実地10時間(3日間~)
・限定変更(目視外):実地5時間
・限定変更(夜間):実地1時間
・限定変更(25㎏以上):実地1時間
※基本に加え、限定飛行(目視外・夜間・20㎏以上)の講習を選択していただけます
受講料 【初学者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満) 985,300円(税込)
・限定変更(目視外) 155,100円(税込)
・限定変更(夜間) 36,300円(税込)
・限定変更(25㎏以上) 165,000円(税込)
【経験者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満) 218,900円(税込)
・限定変更(目視外) 88,000円(税込)
・限定変更(夜間) 36,300円(税込)
・限定変更(25㎏以上) 99,000円(税込)
その他備考 ・受講年齢:満16歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
二等無人航空機操縦士技能証明取得講習

二等無人航空機操縦士は、無人航空機を飛行させるのに必要な技能を有することを国が証明してくれる資格です。

二等資格ではレベル1からレベル3までの飛行が可能となります。

初学者は最短3日間、経験者は最短1日間で国家ライセンスを取得することができます。

コース名 二等無人航空機操縦士技能証明取得講習
定休日 日曜日
講習時間 【初学者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満):学科10時間、実地10時間(3日間~)
・限定変更(目視外):実地2時間
・限定変更(夜間):実地1時間
・限定変更(25㎏以上):実地2時間
【経験者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満):学科4時間、実地2時間(1日間~)
・限定変更(目視外):実地1時間
・限定変更(夜間):実地1時間
・限定変更(25㎏以上):実地1時間
※基本に加え、限定飛行(目視外・夜間・20㎏以上)の講習を選択していただけます
受講料 【初学者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満) 185,900円(税込)
・限定変更(目視外) 49,500円(税込)
・限定変更(夜間) 29,700円(税込)
・限定変更(25㎏以上) 121,000円(税込)
【経験者】
・基本(昼間・目視内・25㎏未満) 67,100円(税込)
・限定変更(目視外) 29,700円(税込)
・限定変更(夜間) 29,700円(税込)
・限定変更(25㎏以上) 77,000円(税込)
その他備考 ・受講年齢:満16歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
JUIDA認定無人航空機操縦技能+安全運航管理者(i-Construction対応)

i-Constructionのカリキュラムを盛り込んだ講習内容です。

i-Constructionで推奨する空中測量を授業に取り入れており、自動航行など業務で安全に運用できる事を目的としています。

現在ドローンを活用中の方や、これから業務でドローン運用をお考えの方にもおすすめです。

コース名 JUIDA認定無人航空機操縦技能+安全運航管理者(i-Construction対応)
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:4日間
受講料 270,000円+税
その他備考 ・受講年齢:18歳以上
XAG認定農業ドローン操縦技能講習

農業分野では、ドローンやAI、ICT技術を積極的に活用し、効率的なスマート農業への移行が求められています。

スマート農業実現に向けて、農作業を行う上での専門知識や操縦技能を習得できる講習となります。

島根ドローンサービスセンターでは、島根県で唯一、XAG社製の空中型ドローンPシリーズや地上型R150の販売、修理、操縦講習を行っているようです。

コース名 XAG認定農業ドローン操縦技能講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:3日間
受講料 要問い合わせ
その他備考 ・受講年齢:18歳以上
JIW認定点検ドローンSkydio2操作講習

山陰では唯一のSkydio2を使用した操縦講習です。

Skydio2は、Visual-SLAM技術を利用し、障害物を回避して飛行するドローン。

Skydio2の特徴を活かすことで、非GNSS(GPS)環境下でも障害物にぶつかることなく安全に飛行ができます。

橋梁や鉄塔、屋内での点検に威力を発揮し、業務もスムーズに行えるようになります。

コース名 JIW認定点検ドローンSkydio2操作講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:1日間
受講料 50,000円+税
その他備考 ・受講年齢:16歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
日本水中ドローン協会(JUIDA)認定安全潜航操縦士認定講習

水中ドローンは、船舶調査、海底調査、ダムの壁面調査、水難事故調査、養殖の観察など様々な場面で活躍できます。

日本水中ドローン協会に認定されており、レジャーから業務利用まで水中ドローン運用する上で、安全に操縦できる知識と技術を身に付けたい方におすすめです。

島根県では初めて、水中ドローン講習が受けられるスクールとなっています。

コース名 日本水中ドローン協会(JUIDA)認定安全潜航操縦士認定講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:1日間
受講料 70,000円+税
その他備考 ・受講年齢:16歳以上(未成年者は親権者の同意が必要)
職業技能振興会 赤外線建物診断技能士取得講習

赤外線診断の健全なる普及や定期報告精度の浸透、実施など赤外線診断の活用率の向上を目的とした講習です。

赤外線サーモグラフィーカメラを搭載したドローンを使用した実機研修も行います。

「赤外線建物診断技能士」の資格が取得可能です。

資格を取得すれば、戸建住宅やアパートや中規模マンションの外壁雨漏れ診断、特殊建築物のカメラ撮影や通常分析ができるようになります。

コース名 職業技能振興会 赤外線建物診断技能士取得講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:2日間

講習内容
① 赤外線建物診断とは
② 建物の劣化と防水の基礎知識
③ 赤外線サーモグラフィを使用した赤外線建物診断手法
④ 赤外線サーモグラフィーを使用した赤外線建物診断実務の基礎
⑤ 赤外線建物診断の実務事例
⑥ 建築基準法改正に伴う特殊建築物定期報告
⑦ 赤外線建物診断の進め方と注意点

受講料 95,500円(税込)
その他備考 ・受講年齢:18歳以上
DJI Matrice 300 RTK基礎操作講習

DJIの産業用フラグシップドローンであるMatrice 300 RTKを導入し、さまざまな産業での利活用をお考えの方に向けた講習です。

飛行前点検、設定方法、機体の機能や特性や知識を理解し、機体のスペックを十分活用することを目的としています。

赤外線サーモグラフィーを搭載した、DJI Zenmuse H20Tを使用しての講習です。

コース名 DJI Matrice 300 RTK基礎操作講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:1日間
受講料 80,000円+税
その他備考 ・受講年齢:18歳以上
DJI CAMP ENTERPRISE L2/P1講習

DJI ENTERPRISE製品を使用するには、購入時に基本操作講習を受ける必要があります。

DJI ENTERPRISE製品などを最短1日で学ぶことができるのです。

コース名 DJI CAMP ENTERPRISE L2/P1講習
定休日 日曜日
講習時間 必要日数:1日間~
受講料 100,000円+税~
その他備考 ・受講年齢:18歳以上
島根ドローンサービスセンターの口コミ

ドローンが好きで島根ドローンサービスセンターに行きました。
欠点
ドローンサービスセンターに着いたはいいものの看板が「ドローンサービスセンター」ではなく「オートリサイクルセンター」で分かりにくいので早急に改善を求めます。
良点
僕の対応をしてくれた2人のスタッフの愛想がすごく良かったことです。なので、接しやすく話してるうちに緊張がほぐれてきました。
2つ目は、スタッフさんが優しいことです。ドローンについてある程度勉強してた自分に対して分からないことを教えてくれたり、実際にドローンのパントムを操縦させてくれたりして、初期の練習方法を教えてくれたりして、楽しいところだなと思いました。


Google

 

免許制になる前にどうしようかと思いましたが資格取得してよかったです。
水中ドローンの話も興味深かったです。ありがとうございました。


Google

 

 

出雲高等自動車教習所 ドローンスクール【出雲市】


引用元:出雲高等自動車教習所

出雲高等自動車教習所が運営をするドローンスクールでは、国土交通省認定の操縦技能証明証を取得するための講習を2日間で習得できます。

ドローン産業の推進を目的とした講習内容で、操縦技能認定制度の構築や災害時対応を目的としたドローン利活用ネットワークの構築、イベント開催時の社会貢献活動などの教育機関との連携構築を目指しているスクールです。

自動車学校運営ということもあり、インストラクターは長年教習にもあたって来られた教えるプロ。

確かな知識と操縦技能を学ぶことができ、ドローン未経験の方でも安心してフライトができます。

学科は出雲高等自動車教習所内の教室で、室内練習場は上塩治スポーツセンターで行い、設備も整っています。

 

営業時間 9:00~20:00
定休日 不定休
電話番号 0853-31-7533
メールアドレス 問い合わせフォーム http://rusea-shimane.org/fomu/postmail.html
公式サイト 出雲高等自動車教習所
SNS なし
取得可能資格 国土交通省認定のドローン操縦証
無料体験 無し
スクール所在地 〒693-0022 島根県出雲市上塩冶町2486
【実技講習会場】
上塩冶スポーツセンター 〒693-0022 島根県出雲市上塩冶町2055-2
地図・アクセス
上塩冶スポーツセンター

出雲高等自動車教習所 ドローンスクールで受講できるコース一覧と口コミ

国交省認定 ドローン操縦者講習

2日間の講習により、修了検定合格者には10時間以上の飛行歴確認後、国土交通省認定のドローン操縦証が発行していただけます。

国土交通省に定められた、無人航空機の操縦技能に係る講習カリキュラムを基準とした講習内容により、安全な操縦技能やドローンの運用知識を学ぶことが可能です。

「ドローンを使って撮影をしたい」「高い場所での点検をしたい」「ドローンで農薬散布をしたい」など、趣味から仕事での活用まで幅広い方に受講いただけます。

個人だけでなく、法人様や各種団体様での講習も可能です。

コース名 国交省認定 ドローン操縦者講習
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間

講習内容
・国土交通省が定める講習カリキュラムに基づいた内容を実施します

受講料 79,200円(税込)
※受講料にはテキスト代、機体使用料、検定料、ドローン操縦証発行手数料を含みます
※再検定の際は11,000円(税込)が必要です
その他備考 ・受講年齢:18歳以上の日本語の読解が可能な方
・受講者4名につきインストラクター1名、アシスタント1名が付きます。申込者が4名未満の場合は開催を振替える場合があります
出雲高等自動車教習所 ドローンスクールの口コミ

現在調査中

 

株式会社SWIFT【松江市】


引用元:株式会社SWIFT

株式会社SWITのドローンパイロット養成スクールでは、JUIDA認定スクールと農水協認定マルチオペレーターの講習を行っています。

2013年より空撮(映画、テレビコマーシャル、プロモーション映像)を生業として、ドローンでの映像制作に携わり、2018年からドローンスクールを開校されました。

株式会社SWIFTでは、「安全運用のためには操縦技能が大事」という思いから、実技練習を20時間以上確保しているので、ドローン未経験の方でも操縦技能が身に付きます。

JUIDA認定スクールなので、指定のカリキュラムに沿ってドローンの基礎知識から高いレベルの操縦技能が取得可能です。

 

営業時間 10:00~17:00
定休日 土・日曜日
電話番号 0852-67-1550
メールアドレス swiftnewvision@gmail.com
問い合わせフォーム https://www.swift555.com/blank-2
公式サイト SWIFT,Inc.
SNS Facebook→https://www.facebook.com/swiftnewvision/
取得可能資格 JUIDA操縦技能証明証
JUIDA安全運航管理者証明証
UTC農業オペレーター
無料体験 無し
スクール所在地 〒690-0812 島根県松江市川原町260-1
【講習会場】
旧大芦小体育館 〒690-0402 島根県松江市島根町大芦1633
野波小体育館 〒690-1212 島根県松江市島根町野波2019
地図・アクセス
旧大芦小体育館

旧野波小体育館

株式会社SWIFTで受講できるコース一覧と口コミ

JUIDA認定総合コース

JUIDA操縦技能証明証とJUIDA安全運航管理者証明証を取得できます。

講習の全過程を修了すると、資格取得の申請をする際に必要なスクール修了証が発行可能です。

DIPS申請ノウハウや空撮テクニックも一緒に受講できます。

またこちらのコースには目視外飛行と夜間飛行のカリキュラムも含まれています。

企業の方で人材育成や能力向上のためにドローン講習を受講される方には、人材育成助成金が利用できるので、問い合わせをしてみてください。

コース名 JUIDA認定総合コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:3日間

講習内容
【座学】
・UAS理論:歴史、機種、飛行原理、適用事例、課題
・法律:国際条約、航空法、電波法、道路交通法、民法、その他法律
・ルール:航空法における許可・承認申請、安全ガイドライン
・自然科学:ドローンと気象との関係、電磁波       
・技術:構造、飛行制御技術、GPS、通信    
・運用:安全確保、禁止事項、注意点、操縦方法、運用時の確認事項など
・筆記試験(採点)
【安全運航管理者 座学】
・安全管理、安全とリスク対策、リスクアセスメント
【実技】
・点検・整備:日常の点検方法、整備、飛行の確認
・手動操縦1:垂直離着陸、低高度、ホバリング、前後左 右の水平移動        
・手動操縦2:垂直離着陸、可視範囲での遠方飛行、緊急時の操作        
・実技試験:認定インストラクターによるフライトチェック

受講料 250,800円(税込)
その他備考 受講資格
・年齢:18歳以上の方(未成年の方には安全運航管理者証明証は発行できません)
・日本語読解可能な方
UTC認定農薬ドローンオペレーター

農薬散布ドローン「DJI社のAGRAS MG-1」を正確、安全に飛行できるオペレーターを育成する教習を行っています。

農薬従事者で無人ヘリでの農薬散布を行っているプロと、ドローンによる空撮を行うプロがインストラクターなので、正確で安全な散布を行えるようしっかりと指導していただけるようです。

講習終了後はUTC農業ドローン協議会認定の「UTC農業オペレーター」の認定を受けられ、AGRAS MG-1での農薬散布ができるようになります。

コース名 UTC認定農薬ドローンオペレーター
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:5日間

講習スケジュール
1日目(9:00~17:00)
【座学】
・農薬等の安全使用、病害虫・雑草防除等マルチローター利用技術、農林水産航空事業、マルチローターの運用管理、機体の取扱および安全使用
2日目(9:00~17:00)
【座学】
・機体の取扱及び安全使用、補講
【飛行技能講習】
小型機(DJI社Phantom)を用いた飛行訓練
3日目(9:00~17:00)
・実機(DJI社Agras MG-1)を用いた飛行訓練
4日目(9:00~17:00)
・実機(DJI社Agras MG-1)を用いた飛行訓練
5日目(9:00~17:00)
・実機(DJI社Agras MG-1)を用いた飛行訓練
・実技テスト

受講料 237,600円(税込)
※教材費、筆記実技試験料、UTC登録費用が含まれています
その他備考 受講資格
年齢:16歳以上
視力:両目で0.7以上
・読み書きができ内容が理解できること。操縦に支障を及ぼす身体障害がないこと。
株式会社SWIFTの口コミ

現在調査中

 

ドローンに関するよくある質問

ドローンの仕事は将来性がありますか?

ドローンに関する技術は急速に進歩しており、機能が向上しています。これにより、新たな用途やサービスが生まれ、需要が拡大しています。
またドローンは様々な産業に適用されつつあります。農業、建設、不動産、映像制作、災害管理など、多岐にわたる分野で利用が期待されています。
ドローンの活用により、作業の効率向上やコスト削減が実現できます。これは企業や組織にとって魅力的な要素ですし、新しいビジネスモデルが出現する可能性もあります。
総じて、ドローンの技術や利用領域の拡大が進む中、ドローンの仕事に対する需要も増加していくと考えられます。

ドローン国家資格スクールの費用は?

スクールでの講習費用はドローンの資格(国土交通省認定の民間資格もしくは国家資格二等)を持っている「経験者」と資格を持っていない「初学者」で費用は変わってきます。
スクールによって金額は異なるのですが、初学者の場合二等資格で「全国平均¥268,428」一等資格では「全国平均¥800,616」となっています。
そして資格を持っている経験者の場合、講習を受ける際には免除を受けることができるため、講習時間が短くなり、費用も安くなります。
二等資格で「全国平均¥122,679」一等資格では「全国平均¥301,865」となっています。

参考記事→ドローンスクールの料金(免許取得費用)47都道府県まとめ【民間・国家資格1等・2等】

ドローンの国家資格の将来性は?

無人航空機操縦士という国家資格は、所持していること自体はドローンや無人航空機に関する知見が深いとみなされるため重宝します。
ですが、機体認証を受けた機体を操縦する場合に、本来の無人航空機操縦士という資格の効力を発揮します。機体認証を受けることの出来る機体は、現在の日本においてはかなり少なく、今後増える可能性を考えると、将来性のある資格であると言えます。

ドローン操縦士の月収はいくらですか?

ドローン操縦士の月収は、約20~30万円ほどです。業態としては、建設会社などで測量技術者や保守点検者として勤務する割合が多く、他にはフリーランスや副業で空撮やその他点検業務等に取り組んでいる方などがいます。
ドローン市場自体がまだまだ発展途上なこともありますし、プロのドローン操縦士として依頼を請け負っている層はごくわずかです。

ドローン操縦士の年収は?

ドローン操縦士は近年で見ると新しい職業のため、正確な平均年収を算出することは難しいです。ドローン操縦士の正社員採用での平均年収の目安を紹介します。
厚生労働省の「職業情報提供サイト jobtag」によると、ドローン操縦士の平均年収は454万円ほど、月収は22万円ほどです。

ドローン国家資格の難易度は?

無人航空機操縦士試験の合格率等は公表されていないため不明です。参考として学科試験の場合、二等は試験時間30分で50問、一等は試験時間75分で70問を解かなければならないため、時間的な余裕は有りません。
1問あたりの解答時間をかなり短くして解いていく必要があるため、難易度は決して低くはありません。

ドローンの国家資格はなぜできた?

日常的にドローンが不可欠となってくる未来があるという事情と、ドローンが自由に飛ぶと上空や地上での事故につながるため、安全を確保するために法を整備し、安全を確保した上で便利に活用するためです。
日本においては、国土交通省が管轄しています。

ドローンの国家資格は今後どうなる?

ドローンや無人航空機については、2022年12月より無人航空機操縦士という国家資格がスタートし、「無人航空機操縦者技能証明書」と呼ばれる証明書の取得が可能となりました。
無人航空機操縦士には一等と二等の二種類があります。
2023年現在、スタートして約1年と歴史が浅くまだ出来たばかりの国家資格ということで、これからしばらくはドローンを扱う方々の中で無人航空機操縦士を取得する人が増えていくでしょう。

ドローンの資格を活かせる仕事は?

①空撮
ドローンを使用して美しい風景や施設の空撮を提供する業者や映像制作会社で働くことができます。
②不動産関係
不動産のプロモーションや査定のために、ドローンを用いた空撮を行うことが出来ます。
③建設業関係
建設現場のモニタリングや進捗管理、施工前の調査などでドローンを活用できます。地形測量や地図作成などを行う測量技師としても活躍できます。
④農業関係
ドローンを用いて農地のモニタリングや作物の健康状態を調査したり、農薬散布も可能です。農業においての効率向上に貢献できます。
⑤災害・救助関係
災害発生時に被害状況をドローンで調査し、救助活動を支援する事が可能です。
これらの職種では、ドローンを使ったスキルが重宝され、多様な業界で活動できます。資格を持つことで、法令遵守や安全性の向上が期待され、仕事の選択肢が広がります。

ドローン操縦士の国家資格はいつから必要ですか?

無人航空機操縦士という国家資格は、2022年12月より開始しています。この資格を持っていなくてもドローンを飛行させる事は可能です。
しかし免許を取得すると、今まで航空法に基づく飛行申請が必要だったような場所でも、認証を受けた機体なら申請なく飛ばせることができるようになる等、無人航空機操縦士の免許は国が認定した操縦技術の証明となります。

ドローンの操縦は誰でもできる?

航空法やその他関係法令、条例等を遵守していれば、誰でもドローンを操縦する事は可能です。
国家資格や民間資格を取得していなくても、操縦することは可能です。ドローンの技術進化の勢いは凄まじく、だれでも簡単に飛行させる事が可能となってきていますが、大前提として安全・安心のためにもドローンに関する知識や操縦スキルを磨く事などが大事になります。
そのためにも無人航空機操縦士の国家資格を所持することは、客観的な一つの判断要素となる可能性が高くなります。

ドローンの仕事はどのような人に向いていますか?

「ドローンの操作やメンテナンスに関する技術的な興味やスキルを持つ人」
「上空や人が立ち入ることの出来ないような地点からの映像制作に関心があり、視覚的なセンスやクリエイティブなセンスを活かしたいと考える人」
「ドローンに関する法令や規制を遵守し、責任感を持って操縦できる人」
「ドローンの操縦中や飛行前後には予測できない事象や状況が発生することが稀にあるため、その際に冷静に対処し問題を解決できるリスク管理能力がある人」
等、あくまで一例ですが、上記のような人に向いているといえます。

ドローン操縦士は儲かりますか?

ドローンを操縦する事が出来るというスキルは素晴らしい事です。しかし、ただ飛ばすだけではなく「撮影のセンスが良いというクリエイティビティ」であったり、
「無線の知識がある」「建築士の資格を持っている」「農業の知識を持っている」「特定の業界に詳しかったり人脈がある」等、プラスアルファの知識を提供できる等といった、
様々な要素を使って仕事を請け負う事が大事になるでしょう。

ドローン資格をとるには何日かかる?

初学者か経験者かで日数は変わります。初学者は約4日で経験者は2~3日。ドローン講習の初学者は学科講習が10時間以上で実地講習が10時間以上。経験者は学科講習が10時間以上で実地講習が4時間以上です。ただスクールのカリキュラムによって変わり、合宿などは2日で取れる。後は学科試験のみ別会場で受けます。

ドローンパイロットになるには国家資格が必要ですか?

結論から言うと必要ではありません。しかし、ドローンに知見の無い一般の方であったり法人/企業から仕事を請け負う場合は、国家資格を持っていることが取引先/顧客への安心感を与えることにつながったり、
信頼性や安全性をアピール出来たり、仕事を発注するかどうかの判断材料とされる等といった可能性が非常に高くなります。

ドローンで稼げる資格は?

まずは無人航空機操縦士(国家資格)の取得が、ドローンに関する知見や操縦技能を証明する上で大いに役立つ資格となるでしょう。
その他にもドローンを活用する業種によっては、その業種のスペシャリストであることを証明する資格の取得も、稼ぐ(仕事を受注する)上で有利に働く可能性が高くなるでしょう。

ドローン×SDGsで出来る事

SDGsの項目の1つ (ジェンダー平等の実現)において、ドローンの技術を身に着けることで、通常男性が行っていた点検、調査といった様々な業務を、女性が安全に行えるようになります。女性パイロットの育成を支援している企業もあります。「女性だから」という理由で拒まれていた業務も、技術習得や資格取得を支援することで男女関係なく実施出来ます。それにより、ジェンダー平等を実現していく事が可能です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事