広告掲載に関して

広告掲載に関して

ドローンスクールラボは広告掲載希望の企業様、団体様を募集しております。

「ドローンスクールを運営しているが、もっと認知度をあげて民間資格、国家資格希望者を増やしたい」

「今後のびるであろうドーロン外壁点検の顧客を増やしたい」

「ドローンの空撮業をしているが、撮影希望の顧客をもっと増やしたい」

「ドローンスクールを運営しているが、スタッフがたりない…優秀な人材を求人したい」

「今後更に増えてくるだろうドローン飛行許可申請代行の申し込みを増やしたい」

このような、希望がありましたら、是非ドローンスクールラボに御社の集客プロモーションのご協力をさせて頂ければと思います。

現在ドローンスクールラボでは「ドローン 飛ばせる場所 東京」「ドローン 飛ばせる場所 神奈川」などドローン関連のキーワードでGoogle検索上で1位を続々と取り始めております。

そして「ドローンスクール 〇〇 おすすめ」で各都道府県で3位以内、今後は1位を目指しております。
※〇〇は都道府県のキーワード。

「ドローン 外壁調査 東京」「ドローン 外壁調査 大阪」「ドローン 外壁調査 神奈川」など、これからさらに伸びてくるドローン点検業務のキーワードでも1位~3位を取得。

また日経トレンディ「24年ヒット予測」 1位のドローンショー&空中QRのキーワードでは「空中QR」1位、「ドローンショー 予定」「ドローンショー 2024」1位となります。

弊社は約10年SEOをメイン事業としており、別ジャンルのメディアですが1サイト月間300万PVのサイトも運営しております。

他にも、自社サービスの展開もしており、LINE@友だち登録数合計約4万人、マーケティングの知識もいかし今も躍進を続けております。

そして今後も更に検索上位を目指しているドローンスクールラボは日本一のドローンスクール比較、ドローン関連のサイトを目指しております。

ドローン免許の国家資格は2022年12月5日から導入が開始され、2023年にはいりドローンスクールなど、免許を取りたいと入校するお客様が増えたと思われます。

今でも、順調に入校する生徒が順調に増えているスクールもあると思いますが、中には2023年初期のような勢いがなくなったと感じているスクールもあるのではないでしょうか?

また現在、集客などで調子が良くても競合他社が増える中で、予算に余裕がある時に広告を打ち新規顧客を確保することも大切な事だと思われます。

私の好きな言葉で「土俵の真ん中で相撲をとる」という言葉があります。

これは稲盛和夫氏の言葉ですが「土俵の真ん中で相撲をとる」とは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないという気持ちで仕事にあたるということです。

しかし私の解釈では、この言葉の意味土俵際に追い詰められてから頑張るのでは遅いし、とても苦労する事になる。ならば土俵の真ん中にいるとき金銭的にも精神的にも有る程度余裕がある時に更に攻め切り競合との差を広げていく、と考えてます。

集客に悩んでいたり、このようなドローン業界の中心を担っていくような強い気持ちがある企業様とパートナーになりたいと考えております。

ドローンスクールを開校して、集客人数をもっと増やしたいと考えている企業様や更に顧客を増やしたいドローン関連企業様は下記からスクール名などの情報と共に広告掲載希望の旨をご連絡頂ければと思います。

ご契約頂けたパートナー企業様には全力で集客支援、他にも弊社でお力になれる事は真摯に努めさせて頂きます。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)には、空クル(空飛ぶクルマ)も出展する事が決まっており、日本も世界も注目するドローン業界を一緒に盛り上げていけるパートナー企業様になっていだける御社のご連絡をお待ちしております。