農薬散布ドローンスクールでおすすめ教習所(料金・資格・講習内容など比較)

産業ドローンが注目されるようになっている昨今、農薬散布に興味を持たれている方も増えています。

ドローンを飛行させることイコール農薬散布ができるとは限りません。

農薬散布ドローンスクールに通い、確かな知識や法律を身に付けておけば何よりも安心です。

料金や資格、講習内容などを比較できるように、農薬散布ドローンスクールでおすすめの教習所をご紹介していますので参考にしてください。

ドローンスクール名 SkyLink AGRI SCHOOL 株式会社NTT e-Drone Technology 株式会社マゼックス 株式会社SWIFT NAN-Aスクール(JDC) スマート農業ドローンスクール
コース内容 ・農業ドローン散布事業者育成ビジネススクール ・農業コース
・国家ライセンス取得講習(二等)コース
・産業コース
・Skydio認定講習
・ANAFIマスター講習
・飛行資格取得講座 ・UTC認定農薬ドローンオペレーター ・DJI AGRAS認定オペレーター
・DJI CAMP ENTERPRISE
・DJI CAMPスペシャリスト認定講習
・農薬散布機教習5日間コース
・柑橘農業ドローンプロコース
・柑橘農業ドローンコース
・ナビゲーターコース
農薬散布講習料金 ¥600,000 ¥140,000~ ¥180,000 ¥228,000 要問合せ ライセンスあり¥220,000
ライセンスなし¥275,000
必要日数 6か月 3日~ 3日間 5日間 要問合せ 5日間

SkyLink AGRI SCHOOL【京都府・福島県】

引用元:SkyLink AGRI SCHOOL

勤務している会社の新規事業であったり、新しい収入の柱を求めたりしている人も受講しています。

終了後に得られるものは、農業用ドローンのオペレーター認定証、実散布業務の遂行能力、農業用ドローンの操縦技術や関連知識、同じ目標に向かう仲間です。

農家様や農業法人様の利用も実際にあります。

営業時間 受付時間・10:00~16:00
定休日 土・日曜日・祝日
電話番号 075-708-2369
メールアドレス 問い合わせフォーム  https://skylinkjapan.com/contact/
公式サイト SkyLink AGRI School
SNS Facebook→ https://twitter.com/ks_drone
Facebook→ https://www.facebook.com/profile.php?id=100085228037658
X(旧twitter)→ https://www.youtube.com/@KSdronecollege
Instagram→ https://www.youtube.com/@KSdronecollege
Youtube→ https://www.youtube.com/@KSdronecollege
取得可能資格 無し
体験会 無し
スクール所在地 【京都本社】〒603-8053 京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町98-2-2F
地図・アクセス

農業ドローン散布事業者育成ビジネススクール

農薬散布ドローンを学びたい方は全国から応募できます。

ただ実技講習は、京都府南丹市美山町または福島県双葉町となるので気を付けましょう。

講習期間が6か月と長いのには理由があります。

実践型の散布研修会や散布業務を行うからです。

終了した時点で、すぐに実務に役立てられる特徴があります。

コース名 農業ドローン散布事業者育成ビジネススクール
定休日 不定休
講習時間 講習期間6か月
〇お申込みをするとトイドローンが届くので操縦練習はご自宅で行う
〇4月頃までに認定会に参加する
〇6月頃までに実践型散布研修会に参加する
〇8月末までに散布業務を行う
受講料 1名600,000円
2名1,000,000円
3名1,350,00円
4名1,600,000円
その他備考 ①散布業務はチームワークが大切ですので、チーム型でのご希望者を優先いたします。​
②個人型の場合、近隣地域の応募者の方をご紹介します。チームを組むか否か応募​者様の間で決定いただき、チーム編成ができた場合のみ、入校が可能となります。また、チーム​編成した場合の応募者様間のトラブルには弊社は一切関知しません。​
③紹介した圃場で散布いただくに際して必要になる飛行申請は、ご自身で行っていただ​く必要があります(申請方法はお知らせいたします)。

※応募は全国からいただけますが、実技講習は京都府南丹市美山町もしくは福島県双葉町にて開催、実散布は全国各地の圃場となりますので、開催場所/圃場まで自己負担でお越し頂く必要があります(交通費等はスクール代金に含まれておりません)。

株式会社NTT e-Drone Technology【全国対応】

引用元:株式会社NTT e-Drone Technology

AC101代理店の教習施設で講習を受けられるので、ほぼ全国に対応しています。

また、出張講習も可能ですから、日程や場所の調整ができるのも嬉しい点です。

農業コースは、農閑期を中心に行い、その期間でお客様の要望をお聞きしながら受講日を決めることが出来ます。

開講条件があるので注意しましょう。

3名から4名で1クラスとなります。

営業時間 問い合わせ時間:10:00~17:00
定休日 土・日曜日・祝日
電話番号 無し
メールアドレス 問い合わせフォームhttps://www.nttedt.co.jp/contact
公式サイト 株式会社NTT e-Drone Technology
SNS Facebook→https://www.facebook.com/NTTdrone
Instagram→https://www.instagram.com/ntt_edrone_technology/
X(旧twitter)→https://twitter.com/NTTdrone
Youtube→ https://www.youtube.com/NTTeDroneTechnology
取得可能資格 E.R.T.S.産業用無人航空機操縦技能認定農業コース・国家資格二等
体験会 無し
スクール所在地 〒351-0036 埼玉県朝霞市北原2丁目4−23
地図・アクセス

農業コース

農業コースを修了すると「E.R.T.S.産業用無人航空機操縦技能認定農業コース」を付与されます。

産業コースの講習内容をベースにしており、ドローンAC101の操縦方法、農薬取締法、必要な知識や技術を身に付けられます。

初心者向けの経験者向けとでは、金額などが異なるので以下を参照してください。

また、3名から4名で1クラスとなるのが開講条件です。

コース名 農業コース
定休日 不定休
講習時間 〇講習期間
初心者様向けコース 5日間 ,

経験者様向けコース 3日間

​​※農水協・UTCのライセンス保有且つ直近1年で10ha以上の実散布経験者は2日間

〇講習内容
座学:産業コースの内容+農薬散布に関する法規、基礎知識
実技:産業コースの内容+AC101の操縦方法

認定試験:座学および実技試験

※認定試験の合格者には「E.R.T.S.産業用無人航空機操縦技能認定証」を付与

〇講習日程
天候によって変動することがありますが、概ね以下のような内容です

1日目

09:00~15:00 座学(マニュアル6冊

15:00~16:00 学科テスト

2日目

09:00~16:00 飛行練習(機体取り扱い、基本操作、散布パターン)

※初心者コースでは飛行練習を1日間ではなく、3日間実施します

3日目

09:00~15:00 飛行練習(散布パターン、8の字、自動航行、GPS無しでの飛行練習)

15:00~16:00 実技テスト※受講者の技量等によってスケジュールを変更する場合があります

受講料 初心者様向けコース22万円/人(税別)

経験者様向けコース14万円/人(税別)

※出張講習も受け付けております。その際、場所代や交通費等が必要になる場合があります

その他備考 農業コースでは、実際にAC101を用いて講習を行います。

国家ライセンス取得講習(二等)コース

国家資格二等を目指すコースもあります。

審査に合格すれば、提携試験期間での実地試験が免除されます。

国産ドローンを学んで、ビデオ副酢湯を行い、実践力を磨くコースです。

コース名 国家ライセンス取得講習(二等)コース
定休日 不定休
講習時間 〇講習期間
初学者:5日間

経験者:2日間

〇講習内容
国土交通省の登録講習機関であるNTTイードローンによる国家ライセンス認定取得コースです。本コースを受講し審査に合格することで、指定試験機関の実地試験を免除することができます。
認定試験:座学および実技試験

〇講習日程
初学者5日間

夜間限定変更(初学者)半日

目視内限定変更(初学者)半日

経験者2日間

夜間限定変更(経験者)半日

目視内限定変更(経験者)半日

受講料 初学者345,000円

夜間限定変更(初学者)20,000円

目視内限定変更(初学者)40,000円

経験者115,000円

夜間限定変更(経験者)20,000円

目視内限定変更(経験者)20,000円

その他備考 使用機体:​ジーウイング製「AVANTE for E.R.T.S.仕様」

産業コース

リスクを理解して運用するスキルが磨かれます。

教官は現場経験豊富だからこそ、現実的な視点での講習が期待できるようです。

安全に運航するためにもリスクを伝えてもらい、様々な事例に耳を傾けながら座学や実技を行います。

コース名 産業コース
定休日 不定休
講習時間 2日間

※自動航行受講の場合、3日間

〇講習内容:座学:基礎知識、法律・ルール、申請、気象、飛行原理、基本機能、操作方法、安全飛行

実技:飛行前点検、バッテリー制御システム、起動、離着陸、基本操縦​

※国産訓練用ドローンを使用

自動航行:自動航行システムMission Planner基本設定・ミッション作成・安全運用

認定試験:座学および実技試験

※認定試験の合格者には「E.R.T.S.産業用無人航空機操縦技能認定証」を付与

受講料 180,000円/人(税別)

※自動航行受講の場合、28万円/人(税別)

その他備考 使用機体:NTT e-DroneTechnology製「PG390」

Skydio認定講習

Skydioマスター教官から学ぶことが出来ます。

機能を最大限活用するために、マニュアルに沿って講習が進んでいくそうです。

コース名 Skydio認定講習
定休日 不定休
講習時間 各コース1日間

〇講習内容:「Skydio2 Expert Operator」コース

「Skydio 3D Scan Operator」コース

受講料 Skydio2 Expert Operatorコース:10万円/人(税別)

Skydio 3D Scan Operatorコース:10万円/人(税別)

その他備考 使用機体:Skydio製「Skydio2+」

ANAFIマスター講習

ANAFIを使いこなすためのコースです。

実際に業務でしっかりと扱えるための効果的なレクチャーを受けられます。

コース名 Skydio認定講習
定休日 不定休
講習時間 各コース1日間

〇講習内容:「ANAFI Ai マスター講習」

「ANAFI USA マスター講習」

受講料 ANAFI Ai マスター講習:4名まで15万円、1名増える毎に2万円追加(税別)
ANAFI USA マスター講習:4名まで15万円、1名増える毎に2万円追加(税別)
その他備考 使用機体:Parrot製「ANAFI Ai」・Parrot製「ANAFI USA」

株式会社マゼックス【全国各地】

引用元:株式会社マゼックス

全国に点在する教習所で受けられます。

飛助MGという農薬散布用の機体は、農林水産航空協会の認定機で、使用するためには資格取得が必須です。

マゼックスさんでは、飛助MG導入のための教習所を展開しています。

営業時間 問い合わせ時間:8:00~18:00
定休日 土・日曜日・祝日
電話番号 0729603221
メールアドレス お問合せフォームhttps://mazex.jp/contact
公式サイト 株式会社マゼックス
SNS LINE→https://liff-gateway.lineml.jp/landing?follow=%40692gxunu&lp=iplm5d&liff_id=1657787501-2N3rOKWx
取得可能資格 飛助MG
体験会 無し
スクール所在地 【本社】〒578-0905 大阪府東大阪市川田4丁目3−16
地図・アクセス

飛行資格取得講座

実務に問題ないレベルに指導していただき、飛助MGの飛行資格を取得します。

安全にドローンで農薬散布を行えるような実技を重視されます。

座学と実技練習の充実したカリキュラムで、講師は散布の実務経験のあるプロが行っているそうです。

また、講習は少人数制で行われますから、指導が細かいところまで行き届きます。

コース名 飛行資格取得講座
定休日 不定休
講習時間 講習日数:3日間
受講料 3日間:約18万円
※詳細な金額や受講スケジュールについては、直接各認定教習所へお問い合わせください。
その他備考 特になし

株式会社SWIFT【島根県】

引用元:株式会社SWIFT

2018年に農林水産航空協会認定産業用マルチローター教習施設に認定されています。

島根県松江市にあり、農業用ドローンを使って農薬散布を行いたい方の取扱や導入をサポートしているそうです。

操縦方法のみならず、農薬の取扱、安全対策などの座学、シミュレーター訓練などの実技講習で学べます。

営業時間 10:00~17:00
定休日 土・日曜日
電話番号 0852-67-1550
メールアドレス swiftnewvision@gmail.com
問い合わせフォーム https://www.swift555.com/blank-2
公式サイト SWIFT,Inc.
SNS Twitter→ https://twitter.com/SWIFT_
Facebook→https://www.facebook.com/swiftnewvision/
取得可能資格 UTC農業オペレーター
体験会
スクール所在地 〒690-0812 島根県松江市川原町260-1
【講習会場】
旧大芦小体育館 〒690-0402 島根県松江市島根町大芦1633
野波小体育館 〒690-1212 島根県松江市島根町野波2019
地図・アクセス
旧大芦小体育館

旧野波小体育館

UTC認定農薬ドローンオペレーター

農薬散布ドローン「DJI社のAGRAS MG-1」を正確、安全に飛行できるオペレーターを育成する教習を行っています。

農薬従事者で無人ヘリでの農薬散布を行っているプロと、ドローンによる空撮を行うプロがインストラクターなので、正確で安全な散布を行えるようしっかりと指導していただけるようです。

講習終了後はUTC農業ドローン協議会認定の「UTC農業オペレーター」の認定を受けられ、AGRAS MG-1での農薬散布ができるようになります。

コース名 UTC認定農薬ドローンオペレーター
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:5日間

講習スケジュール
1日目(9:00~17:00)
【座学】
・農薬等の安全使用、病害虫・雑草防除等マルチローター利用技術、農林水産航空事業、マルチローターの運用管理、機体の取扱および安全使用
2日目(9:00~17:00)
【座学】
・機体の取扱及び安全使用、補講
【飛行技能講習】
小型機(DJI社Phantom)を用いた飛行訓練
3日目(9:00~17:00)
・実機(DJI社Agras MG-1)を用いた飛行訓練
4日目(9:00~17:00)
・実機(DJI社Agras MG-1)を用いた飛行訓練
5日目(9:00~17:00)
・実機(DJI社Agras MG-1)を用いた飛行訓練
・実技テスト

受講料 228,000円(税別)
※教材費、筆記実技試験料、UTC登録費用が含まれています
その他備考 受講資格
年齢:16歳以上
視力:両目で0.7以上
・読み書きができ内容が理解できること。操縦に支障を及ぼす身体障害がないこと。

NAN-Aスクール(JDC)【宮崎県】

引用元:NAN-Aスクール

見や雑件にある産業用ドローンパイロット技能認定証を取得するための養成校です。

正しい理解と安全安心の飛行技術を学ぶために、DJIから認定を受けています。

DJI認定ですから、「DJICAMPスペシャリスト」などの資格も取得できるようです。

営業時間 8:30~17:30
定休日 土・日曜日・祝日
電話番号 0986-38-6262
メールアドレス お問合せフォーム https://japandronecenter.com/contact.html
無料体験 なし
公式サイト NAN-Aスクール(JDC)
SNS Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCcmekHIf3qvFOB0oq7jZJOw
Instagram https://www.instagram.com/japandronecenter/
Facebook https://www.facebook.com/japandronecenter/
取得可能資格 DJI CAMPスペシャリスト・DJI CAMP ENTERPRISE・DJI AGRAS認定オペレーター
スクール所在地 〒885-0006 宮崎県都城市吉尾町5834番地
地図・アクセス

DJI AGRAS認定オペレーター

産業用ドローン操縦者向けのコースです。

詳しい内容については問い合わせが必要です。

DJI CAMP ENTERPRISE

こちらも産業用ドローンを操縦したい方に向けたコースです。

料金や内容については問い合わせください。

DJI CAMPスペシャリスト認定講習

多くの方が利用しているDJI製のドローン機の知識や操縦方法を学ぶコースです。

飛行モラルを身につけているかどうかを判断、評価する民間資格。

指定の講習を受講して試験を受けて合格すると「DJI CAMPスペシャリスト」の認定を受けます。

すでに10時間以上の飛行操縦経験があり、DJI製品のユーザーマニュアルを熟読して、実際にマルチコプター業務に従事している方が対象です。

コース名 DJI CAMPスペシャリスト認定講習
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間

〇座学講習内容
第1章 操縦者の行動規範
第2章 安全
第3章 法規
第4章 無人航空機、ドローンとは
第5章 電波の知識
第6章 カメラの知識
第7章 自然環境
第8章 安全飛行
第9章 飛行に向けた確認事項
第10章 DJI製品について

〇飛行技能テスト内容
1. 機体コンディションチェック
2. 離陸(A)
3. ホバリング(A)1分間
4. 右or左のホバリング(A) 1分間
5. 対面ホバリング(A) 1分間
6. 前進してポールまで飛ぶ(A)
7. 対面で離陸地点に戻ってくる(A)
8. 8の字旋回×2(A)
9. ノーズインサークル×2(A)
10. 着陸(A)

※(A)はすべてAモード(ATTIモード・ビジョンセンサーOFF)での操縦です。

受講料 要問合せ
その他備考 講習場所:NAN-A 産業用マルチローター鹿児島本校教習施設

スマート農業ドローンスクール(株式会社ミヤモトオレンジガーデン)【愛媛県】


日本初の農業法人が運営するドローンスクールです。

農業生産法人(株)ミヤモトオレンジガーデンさんが運営しており、農業用ドローンの操縦資格の取得を目指す教習所として、メディアにも取り上げられています。

実際の農業の現場でインストラクターから指導してもられるので、より実践的な操縦技術と知識を学べるのです。

農地での操縦経験が豊富な講師による指導、農業法人所有の農地での操縦訓練、農薬や肥料に関するアドバイスまた補助金のサポートまでしていただけます。

営業時間 調査中
定休日 不定休
電話番号 0894-21-3126
メールアドレス 問い合わせフォーム  https://www.orange-garden-inc.jp/drone/
公式サイト スマート農業ドローンスクール
運営企業→株式会社ミヤモトオレンジガーデン
SNS Facebook→ https://www.facebook.com/miyamoto.orange.garden
Instagram→https://www.instagram.com/miyamoto_orange_garden/?hl=ja
X(旧twitter)→ https://www.orange-garden-inc.jp/drone/
LINE→ https://page.line.me/934fhjqh?openQrModal=true
取得可能資格 無し
体験会 無し
スクール所在地 〒796-8004 愛媛県八幡浜市産業通2番20号
地図・アクセス

農薬散布機教習5日間コース

受講資格は16歳以上となり、20歳未満の方は保護者の同意が必要です。

学習講習の2日間は現地ではなく、オンラインでも可能です。

その場合、テキストは有料ですが郵送してもらえます。

コース名 農薬散布機教習5日間コース
定休日 不定休
講習時間 講習期間:5日間
午前(9:00〜11:50)
1日目 法令関連座学
2日目 農薬取締法や病害関連座学
3日目 学科テスト
4日目 基礎操縦訓練
5日目 応用操縦訓練

午後(13:00〜16:50)
1日目 シミュレーター等での飛行訓練
2日目 機体の取扱や安全運用座学
3日目 基礎操縦訓練
4日目 応用操縦訓練
5日目 実技テスト

受講料 ライセンスあり220,000円(税込)
ライセンスなし275,000円(税込)
その他備考 特になし

柑橘農業ドローンプロコース

請負散布が可能な技能を身に付けるコースです。

コース名 柑橘農業ドローンプロコース
定休日 不定休
講習時間 講習期間:2日間
学科

1)オリエンテーション

活用事例 / 事前準備 / 必要知識等

2)農薬を学ぶ

使用可能な農薬や散布の年間スケジュール

3)ドローンを活用した栽培を学ぶ

障害物対策や使用時の注意点

4)請負散布のノウハウを学ぶ

実際の業務フローや必要資料等

実技

1)散布前の準備

下見時のポイントやルート作成

2)ドローン散布の実践

実際の園地でドローン散布を行う

3)散布後の改善アドバイス

地図ルートの修正や記録を行う

受講料 300,000円(税別)
その他備考 特になし

柑橘農業ドローンコース

ご自分所有の園地でドローン散布を行う方、自動飛行散布メインとなります。

コース名 柑橘農業ドローンコース
定休日 不定休
講習時間 講習期間:2日間
学科

1)オリエンテーション

活用事例 / 事前準備 / 必要知識等

2)農薬を学ぶ

使用可能な農薬や散布の年間スケジュール

3)ドローンを活用した栽培を学ぶ

障害物対策や使用時の注意点

実技

1)散布前の準備

下見時のポイントやルート作成

2)ドローン散布の実践

実際の園地でドローン散布を行う

3)散布後の改善アドバイス

地図ルートの修正や記録を行う

受講料 100,000円(税別)
その他備考 特になし

ナビゲーターコース

補助者をナビゲーターといいます。

ドローンやその周辺の環境を監視する役割、また第三者に対して注意喚起を行うなどし、安全に農薬散布を行います。

コース名 ナビゲーターコース
定休日 不定休
講習時間 講習期間:半日間
受講料 20,000円(税別)
その他備考 特になし
にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事