岩手県のおすすめドローンスクール【取得できる資格(免許)・料金・口コミを比較】

岩手県は東北地方の中でもたくさんのドローンスクールがある地域です。

広大な景観で、ドローンの撮影スポットが多くあるのもドローン操縦士にとっては魅力のひとつ。

岩手県には民間資格が取得できるJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)の認定スクールが多いのも特徴です。

また国家資格でもある一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の資格が取得できるスクールも増えています。

こちらでは、岩手県にあるおすすめのドローンスクールで取得できる資格(免許)や料金など、口コミと併せて紹介しますので、「ドローン操縦の資格を取りたい」と検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンスクール名 東北航空ドローンスクール JUIDA東日本ドローンスクール盛岡校 岩手ドローンスクール DRONE PEAK トップクルー岩手ドローンセンター ドローンスクール岩手金ケ崎校 IWATE DRONE STATION JUAVACドローンエキスパートアカデミー岩手校 スカイテックアカデミー岩手 本校
無料体験 有り 有り(説明会のみ) 有り(説明会のみ) 無し 無し 無し 無し 有り 無し
取得できる民間資格 JUIDA JUIDA 無し 無し JUIDA DIPS JMA JUAVA 無し
民間資格取得料金 ¥240,000 ¥275,000 無し 無し ¥220,000 ¥220,000 ¥165,000 ¥250,000 無し
国家資格二等(民間資格無) 無し ¥250,000 ¥264,000 ¥275,000 ¥242,000 ¥275,000 無し 無し 無し
国家資格二等(民間資格有) 無し ¥122,000 ¥117,700 ¥90,200 ¥88,000 ¥112,600 無し 無し 無し
国家資格一等(民間資格無) 無し 要問合せ ¥704,000 無し 無し 要問合せ 無し 無し 無し
国家資格一等(民間資格有) 無し ¥300,000 ¥284,900 ¥310,200 無し ¥222,200 無し 無し 無し

またドローンの資格を取るにあたり各都道府県でドローンの練習場を探している方は下記も参考にしてみてください。

>>全国のドローンを飛ばせる練習場所まとめ<<

▼期間限定!キャッシュバックキャンペーン開催中!▼

東北航空ドローンスクール【北上市】


引用元:東北航空ドローンスクール

東北航空ドローンスクールは、岩手県北上市の花北モータースクール内で2018年に開講しました。

民間資格JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)の認定スクールとして、無人航空機運航上の安全に関わる知識と高い操作技術を有するパイロットの養成をしています。

花北モータースクールの技能訓練実績を活かし、安全運転者の指導に長けた講師によって分かりやすく指導していただけます。

自動車学校の広いコースを利用した飛行訓練ができるほか、敷地内に屋内練習場も完備されているので、天候に左右されず講習が受けられます。

無料体験会や説明会も随時開催しているので、初心者の方も安心してドローン操縦への第一歩が踏み出せます。

 

営業時間 要問合せ
定休日 不定休
電話番号 0197-68-2523
無料体験 有り
https://tohoku-air.jp/archives/1705
メールアドレス 問い合わせフォーム https://tohoku-air.jp/%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b
公式サイト 東北航空ドローンスクール
SNS Twitter→https://twitter.com/tds0227257734
取得可能資格 JUIDA操縦技能証明証、JUIDA安全運航管理者証明証
スクール所在地 〒024-0001 岩手県北上市飯豊24-75-2
地図・アクセス ">

東北航空ドローンスクールで受講できるコース一覧と口コミ

ドローン操縦・管理者総合コース

ドローン操縦、管理者総合コースでは、JUIDAの操縦技能証明証と安全運航管理者証明証の資格が取得できます。

無人航空機(ドローン)を安全に飛行させるための知識と操縦技術を学びます。

そして、ドローンの安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得します。

経験豊富なインストラクターの下、三日間の講習の後、JUIDAが定める申請手続きをすると資格が取得できるのです。

短期間で二種類の資格が取得できるとして、人気のコースとなっています。

コース名 ドローン操縦・管理者総合コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:3日間(8:50~)
講習スケジュール1日目(学科)
UAS概論、法律ルール、自然科学、技術、運用、試験
2日目(実技)
整備点検、手動操作と自動操縦(垂直離着陸、ホバリング、水平移動、緊急時操作)
3日目(実技・運航管理)
整備点検、手動操作と自動操縦(垂直離着陸、ホバリング、水平移動、緊急時操作)、試験、運行管理者の知識、ドローンリスクろ安全な運航を行うための知識
受講料 240,000円+税
入学金30,000円+税
※法人の場合は割引制度があります
※2名以上の場合、一人当たり10,000円+税を割引いたします
その他備考 ・講習料金に含まれるもの
講習代、テキスト代、ドローン使用料、施設使用料、筆記、実技試験料、お弁当代
・証明証取得にはJUIDAに対して別途費用が必要になります
入会金0円、年会費5,000円+税、交付料操縦技能20,000円+税、安全管理者15,000円+税
ドローン操縦士養成コース

ドローンを安全に飛行させるための知識と操作技術を学びます。

ドローンをビジネスや趣味で活用したく、安全に操作するために、操縦技能証明書の資格が欲しいという方は、こちらのコースを受講してください。

コース名 ドローン操縦士養成コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2.5日間
講習スケジュール1日目(学科)
UAS概論、法律ルール、自然科学、技術、運用、試験
2日目(実技)
整備点検、手動操作と自動操縦(垂直離着陸、ホバリング、水平移動、緊急時操作)
3日目(実技)
整備点検、手動操作と自動操縦(垂直離着陸、ホバリング、水平移動、緊急時操作)、試験
受講料 200,000円+税
入学金30,000円+税
※法人の場合は割引制度があります
※2名以上の場合、一人当たり10,000円+税を割引いたします
その他備考 ・講習料金に含まれるもの
講習代、テキスト代、ドローン使用料、施設使用料、筆記、実技試験料、お弁当代
・証明証取得にはJUIDAに対して別途費用が必要になります
入会金0円、年会費5,000円+税、交付料操縦技能20,000円+税
無料体験・説明会

ドローン法整備と国の取り組み、ドローン活用事例、JUIDAの紹介などが行われる説明会。

お話を聞くだけでなく、無料体験としてドローン飛行体験ができるのは大きな点だといえます。

分からない点があれば、その都度、講師が疑問点を解消してくれますので、ぜひ参加してみてください。

コース名 無料体験・説明会
定休日 不定休
講習時間 要問合せ
受講料 無料
その他備考 特になし
東北航空ドローンスクールの口コミ

現在調査中です

 

JUIDA東日本ドローンスクール盛岡校【盛岡市】


引用元:JUIDA東日本ドローンスクール盛岡校

JUIDA東日本ドローンスクールは2017年9月に開校しました。

これまでに250名以上の方が受講され、県外からの受講者も多くいます。

東日本ドローンスクール盛岡校は、JUIDAの認定校であり、しっかりとしたカリキュラムでドローンの正しい技能と知識を習得できます。

受講の前に希望される方には、個別や少人数で説明会を行っているのが特徴のひとつです。

ドローンの最新事情やカリキュラム、料金など基本的な事項についての説明をし、受講者の意図をお聞きしたうえで、どのコースが合っているかなどを一緒に決めていきます。

また広さ高さ共に県内最大級の屋内施設を完備しているので、室内でも思いっきりドローンを飛ばすことができ、安心して練習を行うことができます。

JUIDA認定の総合コース、操縦技能習得コース、安全運航管理者養成コースは、公的機関(国、自治体、警察、消防など)に限り、出張講習もしていただけます。

10時間飛行コース、法令セミナー、運用基礎コースなど、認定講習(資格が獲得できる講習)以外は、公的機関以外の法人、団体様も出張可能ですので、詳しくは直接問い合わせをしてみましょう。

 

営業時間 月~金曜日 10:00~18:00 ※試験中は電話に出られない可能性がございます。
定休日 土・日曜日
電話番号 019-658-8515
メールアドレス info@eastjapan-drone.com
無料体験 有り(説明会のみ)
https://www.eastjapan-drone.com/schedule_morioka/
公式サイト JUIDA東日本ドローンスクール
SNS YouTube→ https://www.youtube.com/channel/UCOnQTb2uAmphdAgFtUq-H9Q
取得可能資格 JUIDA操縦技能証明証・JUIDA安全運航管理者証・国家資格一等二等
スクール所在地 〒020-0837 岩手県盛岡市津志田26地割3番地
地図・アクセス

JUIDA東日本ドローンスクール盛岡校で受講できるコース一覧と口コミ

二等無人航空機操縦士技能証明(初学者・基本)

国家資格取得講座を受講したい方は、無料説明会に参加していただきたいそうです。

公式ホームページから直接、申し込むことが出来ないので注意しましょう。

最短4日間で国家資格二等の取得を目指すコースです。

コース名 二等無人航空機操縦士技能証明(初学者・基本)
定休日 不定休
講習時間 ・最短4日間
受講料 受講料:250,000円(税込275,000円)
その他備考 ※限定解除を含まないため、対象となる飛行は人口集中地区内飛行、第三者30m以内飛行のみとなります
二等無人航空機操縦士技能証明(経験者・基本)

すでに民間資格を取得している方が受けられるコースです。

学科や実地共に1日ずつで終了となります。

経験者としての条件を満たしていても、スピーディーな講習に自信がない場合は初学者コースでも受講が可能です。

コース名 二等無人航空機操縦士技能証明(経験者・基本)
定休日 不定休
講習時間 ・最短2日間
受講料 受講料:122,000円(税込 134,200円)
その他備考 ※限定解除を含まないため、対象となる飛行は人口集中地区内飛行、第三者30m以内飛行のみとなります
※JUIDA認定講習とのお得なセット講習もあり、
JUIDA認定・操縦技能習得コース+二等・経験者基本セット:¥310,000(約4万円引き)
JUIDA認定・総合コース+二等・経験者基本セット:¥354,200(約5万円引き)
二等無人航空機操縦士技能証明(限定解除)

技能証明に目視外飛行や夜間飛行の効力を追加したい方におすすめです。

基本とセットの場合や、基本に合格している方が申込できます。

コース名 二等無人航空機操縦士技能証明(限定解除)
定休日 不定休
講習時間 ・昼間限定解除:最短半日
・目視内限定解除:最短半日
・昼間と目視内限定解除セット:最短1日
受講料 昼間限定解除30,000円(税込 33,000円)
目視内限定解除30,000円(税込 33,000円)
昼間・目視内限定解除セット50,000円(税込 55,000円)
その他備考 ※基本と限定解除をあわせて申し込む場合
・初学者・基本+昼間限定解除OR初学者・基本+目視内限定解除280,000円(税込308,000円) 講習期間:最短4.5日間
・初学者・基本+昼間・目視内限定解除300,000円(税込 330,000円) 講習期間:最短半日
・経験者・基本+昼間限定解除OR経験者・基本+目視内限定解除152,000円(税込 167,200円) 講習期間:最短2.5日間
・経験者・基本+昼間・目視内限定解除172,000円(税込 189,200円) 講習期間:最短3日間
一等無人航空機操縦士技能証明(初学者・基本)

初心者さんに向けて国家資格一等合格となるポイントなどをしっかりと解説していただけます。

実地講習では操縦だけでなく、飛行前点検や安全管理についても指導されます。

コース名 一等無人航空機操縦士技能証明(初学者・基本)
定休日 不定休
講習時間 ・最短12日間
受講料 要問合せ
その他備考 ※限定解除を含まないため、対象となる飛行は人口集中地区内飛行、第三者30m以内飛行のみとなります
一等無人航空機操縦士技能証明(経験者・基本)

すでに国家資格二等、あるいは民間資格を取得している方向けのコースです。

国家資格一等を目指します。

コース名 一等無人航空機操縦士技能証明(経験者・基本)
定休日 不定休
講習時間 ・最短3.5日間
受講料 受講料:300,000円(税込330,000円)
その他備考 ※限定解除を含まないため、対象となる飛行は人口集中地区内飛行、第三者30m以内飛行のみとなります
一等無人航空機操縦士技能証明(限定解除)

技能証明に目視外飛行や夜間飛行の効力を追加したい方におすすめです。

基本とセットの場合や、基本に合格している方が申込できます。

コース名 一等無人航空機操縦士技能証明(限定解除)
定休日 不定休
講習時間 ・昼間限定解除:最短半日
・目視内限定解除:最短1日
・昼間と目視内限定解除セット:最短1.5日
受講料 昼間限定解除30,000円(税込 33,000円)
目視内限定解除54,545円(税込 60,000円)
昼間・目視内限定解除セット80,000円(税込 88,000円)
その他備考 ※基本と限定解除をあわせて申し込む場合
・経験者・基本+昼間限定解除330,000円(税込363,000円) 講習期間:最短4日間
・経験者・基本+目視内限定解除354,545円(税込390,000円) 講習期間:最短4.5日
・経験者・基本+昼間・目視内限定解除380,000円(税込418,000円) 講習期間:最短5日間
※初学者の基本及び限定解除とのセット価格はお問い合わせくださいませ。
JUIDA認定/総合コース

JUIDA認定の「無人航空機操縦士」及び「安全運航管理者」の資格取得を目的としたコースです。

JUIDAが定めるカリキュラムにより、操縦技能および安全運航管理について総合的に学びます。

実技では、目視外飛行と夜間飛行の訓練も実施しています。

本コースの修了者には、JUIDAが定める申請手続きを行う事により、JUIDA操縦技能証明証とJUIDA安全運航管理者証明証を同時に取得することができます。

コース名 JUIDA認定/総合コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:4日間
カリキュラムの詳細はお問い合わせください(説明会にて配布しております)
受講料 275,000円(税込) ※12月~2月の冬期間のみ、受講料を242,000円の特別価格になります
その他備考 特になし
JUIDA認定/操縦技能習得コース

JUIDA認定の「無人航空機操縦士」の資格取得を目的としたコースです。

ドローンを安全に飛行させるために必要な知識と操縦技能について、JUIDAが定めるカリキュラムにより学びます。

実技では、目視外飛行と夜間飛行の訓練も実施します。

本コースの修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA操縦技能証明証を取得することができます。

コース名 JUIDA認定/操縦技能習得コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:3.5日間
カリキュラム詳細についてはお問い合わせください(説明会にて配布しております)
受講料 220,000円(税込)
※12月~2月の冬期間のみ受講料を198,000円(税込)の特別価格にいたします
その他備考 特になし
JUIDA認定/操縦技能習得コース アドバンス

JUIDA認定の「無人航空機操縦士」の資格取得をし、機体の購入もサポートするコースです。

ドローンを安全に飛行させるために必要な知識と操縦技能について、JUIDAが定めるカリキュラムにより学びます。

実技では、目視外飛行と夜間飛行の訓練も実施します。

操縦技能コース終了後、後日機体の購入相談、販売と納品、初飛行時に同行してサポートまでをしていただけます。

これからドローンを購入して始めたいけど、やはり資格も取っておきたいという方におすすめです。

オプションとしてスマートフォン、タブレット端末の導入サポート、アプリ「DJI FLY」の使用方法をより詳しい解説なども追加料金でしていただけます。

本コースの修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA操縦技能証明証を取得することができます。

コース名 JUIDA認定/操縦技能習得コース アドバンス
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:3.5日間+α
カリキュラム詳細についてはお問い合わせください(説明会にて配布しております)
受講料 231,000円(税込)  ※受講料に機体代は含まれていません
その他備考 特になし
JUIDA認定/安全運航管理者養成コース

JUIDA認定の「安全運航管理者」の資格取得を目的としたコースです。

すでにJUIDA操縦技能証明証を保有している方を対象に、ドローンの運航に関わる安全と法律に関する知識、またリスクに対する安全管理について、JUIDAが定めるカリキュラムにより学びます。

JUIDA無人航空機操縦技能証明証を取得した方のみ受講ができます。

本コースの修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA安全運航管理者証明証を取得することができます。

コース名 JUIDA認定/安全運航管理者養成コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:半日
カリキュラム詳細についてはお問い合わせください(説明会にて配布しております)
受講料 77,000円(税込)
その他備考 特になし
ドローンスタートコース

主にこれからドローンを購入し、初めて飛行させる個人の方を対象としたコースです。

操縦練習および安全に飛行させるために最低限必要な知識を学びます。

受講後は、機体の購入相談、販売を行い、後日納品して初飛行に同行してサポートするまでの1セットとした内容です。

コース名 ドローンスタートコース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:約6時間+α
受講料 22,000円(税込) ※受講料に機体代は含まれていません
その他備考 終了証の交付はありません
10時間飛行コース

主に業務でドローンを使用する法人、団体や個人の方を対象に、「無人航空機の飛行に関する許可、承認」申請の際に必要となる10時間の飛行実績(夜間、目視外飛行を含む)を取得し、ドローンを飛行させる際に必要となる基本的な知識を学んでいくコースです。

10時間飛行コースを受講して、「10時間飛行実績証明証」を発行してもらえたら、国土交通省への申請をすることができます。

許可がおりれば、飛行禁止区域での飛行や禁止飛行法での航行が可能となります。

10時間飛行コースを受講すれば、業務でも、趣味の飛行であっても幅が広がります。

コース名 10時間飛行コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:2.5時間
講習スケジュール
・基礎知識、目視外飛行、夜間飛行など
受講料 110,000円(税込)
その他備考 ※「10時間飛行実績証明証」はJUIDA認定の終了証ではありません。
※一度の講習の定員は6名です。多人数での受講をご希望の法人、団体様は別途ご相談ください
ドローン運用基礎コース

事業活動等でのドローン運用をお考えの企業、団体様を対象に、ドローンを安全に飛行させるために必要な知識と操縦技能およびドローンの運航に関わる安全と法律に関する知識を学びます。

こちらは出張講習も可能です。

内容に関してもご希望に合わせて調整していただけます。

コース名 ドローン運用基礎コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:1日間
受講料 要問い合わせ
その他備考 ・終了証の交付はありません
・1企業/1団体の標準人数は10名です。10名以上の場合は、相談してください
講師養成コース

JUIDAの認定講師となるためのコースです。

講師養成コースを受講するには、JUIDA認定/総合コースを受講していただいた後、講師として必要となる知識やスキルを身に付けていただく講習を実施します。

修了後には、終了証と共に、JUIDAへの推薦状を発行していただけます。

事業活動等でのドローン運用をお考えの企業、団体様を対象に、ドローンを安全に飛行させるために必要な知識と操縦技能およびドローンの運航に関わる安全と法律に関する知識を学びます。

こちらは出張講習も可能です。

内容に関してもご希望に合わせて調整していただけます。

コース名 講師養成コース
定休日 土・日曜日
講習時間 必要日数:5日間
受講料 要問い合わせ
その他備考 ・岩手県外でスクール開校予定または岩手県外で講師として活動予定の方のみ受講いただけます
・スクール開校予定の法人、団体の場合は、最低2名以上で受講ください
・すでにJUIDA操縦技能証明証と安全運航管理者証明証をお持ちの方は、一度お問い合わせください
無料説明会

毎月決められたスケジュールで開催される無料説明会では、今後当校で講習を受ける方に向けた事前説明会が行われます。

ドローンの知識や技術を習得するために必要な知識や意識の部分となりますので、必ず事前説明会に出向きましょう。

無料説明会の実施時間は、約1時間半となります。

コース名 無料説明会
定休日 土・日曜日
講習時間 1時間半
受講料 無料
その他備考 特になし
JUIDA東日本ドローンスクールの口コミ

・ドローンを一度も操縦したことのない状態で受講しましたが、親切で楽しい講義をしていただき、無事卒業することができました。3人という少人数で受講できたことで待ち時間も無く不明な点も気軽に質問できました。卒業後も何かと相談にのっていただき感謝しています。お勧めのスクールです。

自己流で飛ばしていましたが、大変役に立ちました。飛行時に必要な細かい注意点を教えてもらえましたし、規制関係も体系立てて説明してもらえたのですっきり理解できました。受講生(定員)が3人だったので、たくさん飛ばせて、日ごろの疑問を遠慮なく質問できたのがよかったです。

飛行させる際の注意点に加え「その場合どうすればいいのか」といった対処法まで詳しく教えて頂き、これまで感じていた不安や疑問が解消されました。また、教えて頂いた簡単な操作一つで、今までとは全然違う視点の動画が撮れていて驚きました。業務の撮影に取り入れられるよう練習したいと思います。安全運航に細心の注意を払いつつ、ドローン活用の幅を広げていきたいと思います。

基本に立ち返り、大切な基礎技術をしっかりしたものにする良いきっかけとなりました。非常に勉強になったので、今後の業務に活かしていきたいと思います。

とてもアットホームな雰囲気で受講できました。講義もわかりやすく、とても参考になりました。1から始めるにはとても分かりやすいと感じました。

 

岩手ドローンスクール【奥州市】

引用元:岩手ドローンスクール

2017年4月に開校した岩手ドローンスクールは、株式会社江刺自動車学校が運営されており、全国の指定自動車学校第一号のJUIDA認定スクールです。

自動車教習所としての人材育成の実績、経験を活かしながら、「ドローン前提社会」を見据え、陸のみならず「空の交通安全教育を念頭に新しいモビリティ社会づくりを目指しているドローンスクールです。

国家資格制度に基づく登録講習機関として、一等無人航空機操縦士及び二等無人航空機操縦士(25㎏以上を除く)が開講されました。

岩手県第一号のドローン国家資格登録講習機関です。

岩手ドローンスクールの卒業生は、説明会の参加免除、経験者として短時間での国家資格取得のための講習を受ける事ができます。

一等無人航空機操縦士と二等無人航空機の試験は、国家資格でもあるため学科、実技ともに難関だと言われていますが、資格を保有できれば、ドローンの活用にも大きく幅が広がる事は間違いありません。

 

営業時間 電話受付時間:9~18時 ※試験中は電話に出られない可能性がございます。
定休日 不定休
電話番号 0197-35-1237
無料体験 有り(説明会のみ)
https://iwate-drone.com/2023/04/04/briefing/
メールアドレス info@iwate-drone.com
公式サイト 岩手ドローンスクール
SNS 調査中
取得可能資格 ドローン国家資格 一等無人航空機操縦士・二等無人航空機操縦士
スクール所在地 〒023-1131 岩手県奥州市江刺愛宕字梁川34-1
地図・アクセス

岩手ドローンスクールで受講できるコース一覧と口コミ

一等無人航空機操縦士(経験者)

これまでに岩手ドローンスクールを受講された方に関しては、最低6日間(最低25時間)講習を受講すれば、一等無人航空機操縦士の国家資格を取るための試験を受ける事ができます。

無人航空機関連法における、リスクに応じた三つの飛行形態(リスクの高い順にカテゴリーⅢ、Ⅱ、Ⅰ)のうち、カテゴリⅡ以上の特定飛行を行うためには原則として二等免許以上の資格が求められます。

講習の定員は各4名となっています。

大変好評なため、受講を検討されている方は、早めに問い合わせをしてください。

コース名 一等無人航空機操縦士(経験者)
定休日 不定休
講習時間 必要日数:最低6日間(最低25時間)
講習スケジュール
・座学9時間
・実技16時間
※詳しい講習内容は問い合わせをしてください
受講料 284,900円(税込)
その他備考 ・技能証明証の発行手数料3,000円、CBT受験費用(一等9,900円/各一回)は別途経費要
・講習時間に試験時間は含まれません
・技能証明申請番号取得から技能証明取得までは最短でも一ヶ月程度かかります
・実地試験は受験費用(一等基本22,200円+限定解除に各20,800円/回)が必要となります。
一等無人航空機操縦士(初学者)

初めて一等無人航空機操縦士の講習を受講される方は、最低15日間(最低76時間)の講習が必要となります。

講習を全てクリアできれば、二等無人航空機操縦士の国家資格を取るための試験を受ける事ができます。

無人航空機関連法における、リスクに応じた三つの飛行形態(リスクの高い順にカテゴリーⅢ、Ⅱ、Ⅰ)のうち、カテゴリⅡ以上の特定飛行を行うためには原則として二等免許以上の資格が求められます。

講習の定員は各4名となっています。

コース名 一等無人航空機操縦士(初学者)
定休日 不定休
講習時間 必要日数:最低15日間(最低76時間)
講習スケジュール
・座学18時間
・実技58時間
受講料 704,000円(税込)
その他備考 ・技能証明証の発行手数料3,000円、CBT受験費用(一等9,900円/各一回)は別途経費要
・講習時間に試験時間は含まれません
・技能証明申請番号取得から技能証明取得までは最短でも一ヶ月程度かかります
・実地試験は受験費用(一等基本22,200円+限定解除に各20,800円/回)が必要となります。
二等無人航空機操縦士(経験者)

これまでに岩手ドローンスクールを受講された方に関しては、最低3日間(最低8時間)講習を受講すれば、一等無人航空機操縦士の国家資格を取るための試験を受ける事ができます。

無人航空機関連法における、リスクに応じた三つの飛行形態(リスクの高い順にカテゴリーⅢ、Ⅱ、Ⅰ)のうち、カテゴリⅡ以上の特定飛行を行うためには原則として二等免許以上の資格が求められます。

講習の定員は各4名となっています。

大変好評なため、受講を検討されている方は、早めに問い合わせをしてください。

コース名 二等無人航空機操縦士(経験者)
定休日 不定休
講習時間 必要日数:最低3日間(最低8時間)
講習スケジュール
・座学4時間
・実技4時間
※詳しい講習内容は問い合わせをしてください
受講料 117,700円(税込)
その他備考 ・技能証明証の発行手数料3,000円、CBT受験費用(二等8,800円、/各一回)は別途経費要
・講習時間に試験時間は含まれません
・技能証明申請番号取得から技能証明取得までは最短でも一ヶ月程度かかります
・実地試験は受験費用(二等基本20,400円+限定解除に各19,800円/回)が必要となります。
二等無人航空機操縦士(初学者)

初めて二等無人航空機操縦士の講習を受講される方は、最低5日間(最低23時間)の講習が必要となります。

講習を全てクリアできれば、二等無人航空機操縦士の国家資格を取るための試験を受ける事ができます。

無人航空機関連法における、リスクに応じた三つの飛行形態(リスクの高い順にカテゴリーⅢ、Ⅱ、Ⅰ)のうち、カテゴリⅡ以上の特定飛行を行うためには原則として二等免許以上の資格が求められます。

コース名 二等無人航空機操縦士(初学者)
定休日 不定休
講習時間 必要日数:最低5日間(最低23時間)
講習スケジュール
・座学10時間
・実技13時間
1日目
(座学)オリエンテーション、無人航空機操縦者の心得、無人航空機に関する規則、無人航空機のシステム
2日目
(座学)オリエンテーション、無人航空機の操縦者及び運航体制、運航上のリスク管理
(実技)基本の実技実習
(試験)筆記試験
3日目
(実技)オリエンテーション、基本の実技実習
4日目
(実技)オリエンテーション、基本の実技実習、実技実習(目視外飛行)、実技実習(昼間)
5日目
(試験)実技試験
受講料 264,000円(税込)
その他備考 ・技能証明証の発行手数料3,000円、CBT受験費用(二等8,800円、/各一回)は別途経費要
・講習時間に試験時間は含まれません
・技能証明申請番号取得から技能証明取得までは最短でも一ヶ月程度かかります
・実地試験は受験費用(二等基本20,400円+限定解除に各19,800円/回)が必要となります。
ドローン総合プロコース

JUIDAの認定資格「操縦技能証明証」と「安全運航管理者証明証」が取得できるコースです。

こちらの資格を保有しておけば、国家資格である一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の講習を初学者より短い時間で取得できるようになります。

ドローンビジネスや実務において、運航管理者及びパイロットに求められる運用上の知識や安全な利活用を実現する実技(操縦、撮影、編集、自律飛行抑制)を習得できます。

コース名 ドローン総合プロコース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:4日間
講習スケジュール
1日目(座学)
・UAS概論(歴史、機種、飛行原理、適用事例、課題)
・法律(国際条約、航空法、電波法、道路交通法、民法、個人情報)
・ルール(航空法における許可、承認の申請、安全ガイドライン)
・自然科学(気象、電磁波)
・技術(構造、飛行制御技術、GPS、通信)
・運用(安全確保、禁止事項、運用者の義務、操縦時の注意点、操縦方法、運用時の確認事項、リチウムポリマーバッテリーの取り扱い、リスク安全対策方法、事故発生時の対応方法)
・安全運航管理
・筆記試験
2日目(実技)
・整備点検(日常点検方法、整備、飛行確認)
・手動操縦1(垂直離着陸低高度、ホバリング、水平移動)
3日目
・手動操縦2(垂直離着陸、可視範囲での遠方飛行、緊急時の操作)
・自動航行(自動航行の設定方法、自動航行による飛行、トラブル発生時の操作介入)
4日目
・実技、実技試験、筆記試験、座学
受講料 200,000円+税
その他備考 特になし
ドローン総合プロコース

農薬散布のコースでは、農林水産航空事業に関する事、農薬の安全に関する事、JUIDAの認定資格「操縦技能証明証」と「安全運航管理者証明証」が取得できるコースです。

こちらの資格を保有しておけば、国家資格である一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の講習を初学者より短い時間で取得できるようになります。

ドローンビジネスや実務において、運航管理者及びパイロットに求められる運用上の知識や安全な利活用を実現する実技(操縦、撮影、編集、自律飛行抑制)を習得できます。

コース名 ドローン総合プロコース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:4日間
講習スケジュール
1日目(座学)
・UAS概論(歴史、機種、飛行原理、適用事例、課題)
・法律(国際条約、航空法、電波法、道路交通法、民法、個人情報)
・ルール(航空法における許可、承認の申請、安全ガイドライン)
・自然科学(気象、電磁波)
・技術(構造、飛行制御技術、GPS、通信)
・運用(安全確保、禁止事項、運用者の義務、操縦時の注意点、操縦方法、運用時の確認事項、リチウムポリマーバッテリーの取り扱い、リスク安全対策方法、事故発生時の対応方法)
・安全運航管理
・筆記試験
2日目(実技)
・整備点検(日常点検方法、整備、飛行確認)
・手動操縦1(垂直離着陸低高度、ホバリング、水平移動)
3日目
・手動操縦2(垂直離着陸、可視範囲での遠方飛行、緊急時の操作)
・自動航行(自動航行の設定方法、自動航行による飛行、トラブル発生時の操作介入)
4日目
・実技、実技試験、筆記試験、座学
受講料 200,000円+税
その他備考 特になし
無料説明会

ドローンを講習する前に、事前に説明会への参加が必須となります。

国家ライセンス攻守、農薬散布ドローン講習ともに事前の無料説明会の受講を忘れないようにしましょう。

コース名 無料説明会
定休日 不定休
講習時間 要問合せ
受講料 無料
その他備考 特になし
岩手ドローンスクールの口コミ

現在調査中です

 

DRONE PEAK【滝沢市】


引用元:DRONE PEAK

盛岡市にあります「DRONE PEAK」ではドローン国家資格が取れます。

キャリアアップのため、人材育成のため、新しい分野へのビジネス発展のため、趣味のためにと受講する方が多いそうです。

申し込みはWEBから行います。

2023年12月13日付で登録講習機関に登録されています。

 

営業時間 9~17時半
定休日 日曜日
電話番号 019-646-5377
メールアドレス info@dronepeak.jp
公式サイト DRONE PEAK
SNS instagram→https://www.instagram.com/dronepeak/
YouTube→https://www.youtube.com/channel/UC2fy8gxTR7O2AgmMS-GjOmA
取得可能資格 二等無人航空機操縦士・一等無人航空機操縦士
無料体験 無し
スクール所在地 〒020-0777 岩手県滝沢市 大釜字仁沢瀬18−5
地図・アクセス

DRONE PEAKで受講できるコース一覧と口コミ

初学者向け・二等無人航空機操縦士・基本コース

初学者向け・二等無人航空機操縦士・基本コースは16歳以上が受講できます。

ただ、航空法の規定によって、国交省から受験資格が停止されていないことが条件です。

受講は4日間、10時間の学科には効果測定も含まれています。

実技による講習も10時間、こちらは終了試験もこの中に入っているそうです。

以下の受講金額の中には、入学金と学科資料代金、実技の指導料、検定料金、学科テスト料金などが含まれているので、追加の費用は必要ありません。

コース名 初学者向け・二等無人航空機操縦士・基本コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:4日間
講習スケジュール学科(10時間)効果測定を含む
実技講習(10時間)修了審査を含む
受講料 275,000円(税込)
◎二等限定変更講習
検定費用についての内訳
①目視内 ~ 実技:2時間 +38,500円(税込)
②昼間飛行 ~ 実技:1時間 +20,900円(税込)
③25kg未満 ~ 実技:2時間 +56,100円(税込)※基本コース修了審査合格後の受講となります。
※限定変更講習の日程は指定別日となります。
経験者向け・二等無人航空機操縦士基本コース

こちらは16歳以上、受講日数は2日です。

効果測定を含む学科の4時間、終了審査を含む実技講習2時間で完了となります。

経験者向けとなっています。

どのくらいのレベルか分からないという方は、スクールに直接問い合わせてみましょう。

コース名 経験者向け・二等無人航空機操縦士基本コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間
学科(4時間)効果測定含む
実技講習(2時間)修了審査含む
受講料 90,200円(税込)
◎二等限定変更講習
検定費用についての内訳
①目視内 ~ 実技:1時間 +30,800円(税込)
②昼間飛行 ~ 実技:1時間 +30,800円(税込)
③25kg未満 ~ 実技:1時間 +56,100円(税込)
※基本コース修了審査合格後の受講となります。
※限定変更講習の日程は指定別日となります。
経験者向け・一等無人航空機操縦士基本コース

受講日数は4日間、学科9時間、実技講習10時間となっています。

一等限定変更講習を受ける場合には、「目視内」「昼間飛行」「25kg未満」なども受けられるそうです。

こちらは基本コースを終了し、合格していなければなりません。

コース名 経験者向け・一等無人航空機操縦士基本コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:4日間
学科(9時間)効果測定含む
実技講習(10時間)修了審査含む
受講料 310,200円(税込)
◎一等限定変更講習
検定費用についての内訳
①目視内 ~ 実技:1時間 +140,800円(税込)
②昼間飛行 ~ 実技:1時間 +30,800円(税込)
③25kg未満 ~ 実技:1時間 +56,100円(税込)
※基本コース修了審査合格後の受講となります。
※限定変更講習の日程は指定別日となります。
ベーシック・パイロットクラス

全くドローンへの知識もなく、これから操縦してみたいと思っている方向けのスクールです。

学科は一日の内の2時間ですが、実技は2日間を通して10時間行われます。

コース名 ベーシック・パイロットクラス
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間
学科(2時間/1日)
実技講習 ATTIモード GPS切(10時間/2日)
受講料 104,500円(税込)
その他備考 特になし
アグリ・パイロットクラス

今や農業業界で注目されているのがドローンを使った農薬散布。

こちらのアグリ・パイロットクラスはまさにドローンで農薬を安全に空中散布したい方におすすめです。

受講の要件はマゼックス飛助を購入の方で16歳以上となっています。

インストラクター1名につき、受講者は最大で2名となっていますので、希望する方は早目に申し込みましょう。

夜間飛行や物価投下、危険物輸送講習も受けられます。

コース名 アグリ・パイロットクラス
定休日 不定休
講習時間 必要日数:3日間
学科(2時間)
実技講習(15時間/3日間)飛行形態:夜間飛行、物件投下、危険物輸送講習を含む
学科試験(30分)
実技検定(30分)
受講料 165,000円(税込)
その他備考 特になし
アグリ+ベーシックパイロットクラス

こちらもドローンでの農薬空中散布した方向けのスクール。

前のコースと異なるのは、これから初めて行うという方だという点です。

「ベーシック・パイロットクラス」と「アグリ・パイロットクラス」を合わせたコースで、トータル5日間の受講日数となっています。

丁寧な指導によって、1週間足らずでドローンを使って散布ができるとして人気です。

コース名 アグリ+ベーシックパイロットクラス
定休日 不定休
講習時間 必要日数:5日間
ベーシック・パイロットクラス(2日間)+アグリ・パイロットクラス(3日間)
受講料 242,000円(税込)
その他備考 特になし
アドバンスド・パイロットクラス

ベーシック・パイロットクラスを終了している方、または同等の技術を習得されている方が受けられます。

業務でドローンを活用したい方に向けて、「国土交通省航空局標準マニュアル」のもと、業務実勢の必須項目を習得できるようです。

対面飛行や飛行の組合、8の字飛行の習得に向けて2日間で行われます。

コース名 アドバンスド・パイロットクラス
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間
学科(2時間/1日)
実技講習(10時間/2日)ATTIモード GPS切
学科試験(30分)
実技検定(30分)
受講料 132,000円(税込)
初回時ライセンス無料発行(更新時/2年毎¥5,500)費用が掛かります。
その他備考 特になし
DRONE PEAKの口コミ

現在調査中

 

トップクルー岩手ドローンセンター【宮古市】

引用元:トップクルー岩手ドローンセンター

2023年春から国家資格ライセンスにも対応をしているドローンスクールです。

ドローンの操縦だけでなく、農業や測量、点検の各産業にも精通したスペシャリストがノウハウを伝授してくれます。

カリキュラムに沿った内容プラスアルファの知識も期待できそうです。

実務経験に基づくヒヤリハットや的確な指導はもちろん、卒業した後も導入の説明や購入、機体整備も一貫してフォローしていただけます。

 

営業時間 9~18時
定休日 土・日曜日
電話番号 0193-62-5831
メールアドレス topcrew.iwate@gmail.com
公式サイト トップクルー岩手ドローンセンター
SNS Facebook→https://www.facebook.com/topcrew.iwate/?locale=ja_JP
取得可能資格 JUIDAドローン資格・ドローン国家資格(無人航空機操縦者技能証明)の2等資格
無料体験 無し
スクール所在地 〒027-0047 岩手県宮古市根市第2地割33−2
地図・アクセス

トップクルー岩手ドローンセンターで受講できるコース一覧と口コミ

ドローン国家ライセンス講習

国家資格2等の取得を目指すコースは2023年から開講されています。

初学者、経験者などによって料金が異なるのでしっかりと確認しましょう。

対象年齢は16歳以上となっております。

また、開校記念価格などのキャンペーンが開催されている可能性があるのでチェックしてください。

コース名 ドローン国家ライセンス講習
定休日 不定休
講習時間 講習スケジュール
【初学者×基本】
総講習時間…20時間
日数…3日間
【初学者×基本+昼間限定解除】
総講習時間…21時間
日数4日間
【初学者×基本+目視内限定解除】
総講習時間…22時間
日数…4日間
【初学者×基本+昼間・目視内限定解除】
総講習時間…24時間
日数…4日間
【経験者×基本】
総講習時間…6時間
日数…2日間
【経験者×基本+昼間限定解除】
総講習時間…7時間
日数…2日間
【経験者×基本+目視外限定解除】
総講習時間…7時間
日数…2日間
【経験者×基本+昼間・目視内限定解除】
総講習時間…8時間
日数…2日間
受講料 【初学者×基本】
入学金22,000円
受講費用242,000円
テキスト代22,000円
【初学者×基本+昼間限定解除】
入学金22,000円
受講費用275,000円
テキスト代22,000円
【初学者×基本+目視内限定解除】
入学金22,000円
受講費用286,000円
テキスト代22,000円
【初学者×基本+昼間・目視内限定解除】
入学金22,000円
受講費用319,000円
テキスト代22,000円
【経験者×基本】
入学金22,000円
受講費用88,000円
テキスト代22,000円
【経験者×基本+昼間限定解除】
入学金22,000円
受講費用121,000円
テキスト代22,000円
【経験者×基本+目視内限定解除】
入学金22,000円
受講費用121,000円
テキスト代22,000円
【経験者×基本+昼間・目視内限定解除】
入学金22,000円
受講費用154,000円
テキスト代22,000円
その他備考 特になし
農業コース

メーカーが開発し、提供している教育プログラムに準拠した内容で受けられるコースです。

農薬散布がメジャーになるのではないかといわれている昨今、注目されている内容でもあります。

コース名 農業コース
定休日 不定休
講習時間 講習スケジュール

[座学] 農薬の取り扱い、適正な防除について、航空法など

[実技] 安定した散布コースの飛行、安全確認、緊急時の対応など
受講料 250,800円(税込)
※テキスト代・認定証申請料込
その他備考 使用機種
・DJI T-10
・NTT e-DRONE Technogy社 AC101
陸上用コース

xアカデミーが開発し、提供している教育プログラムに沿って学べます。

コース名 陸上用コース
定休日 不定休
講習時間 講習日数…3日間
講習スケジュール

[座学] 農業用作業車安全運航カリキュラム、GNSS/RTKに関する技術

[実技] 自動散布コースの設定、安全確認、緊急時の対応
受講料 250,800円(税込)
※テキスト代・Xアカデミー認定証ID発行込
その他備考 使用機種
・XAG R150
測量コース

JUIDA操縦技能講習に加えて写真測量についても学ぶコースです。

高精度のドローン写真測量を実現するためのプログラムだといわれています。

写真をソフトを使って解析する手順を学びますし、ドローンを実際に飛行させて3次元データまで行うそうです。

コース名 測量コース
定休日 不定休
講習時間 講習日数…4日間
講習スケジュール

[座学] JUIDA操縦技能講習に準ずる内容+写真測量に関する内容

[実技] 遠隔操縦+自動航行による飛行
受講料 250,800円(税込)
※テキスト代・認定証申請料込
その他備考 使用機種
・XPHANTOM 4 RTK
JUIDA操縦技能認定コース

学科と実技の両方でドローンを安全に操縦できるようになる民間資格ライセンスです。

ドローンの飛行操縦技術に習熟していることを証明します。

コース名 JUIDA操縦技能認定コース
定休日 不定休
受講料 220,000円(税込)
※テキスト代・認定証申請料込
その他備考 使用機種
・Phantom 4 Pro
トップクルー岩手ドローンセンターの口コミ

2019年1月から専業農家として水稲と大豆を生産しています。
 数年前からドローンでの農薬散布に興味があり、近所のドローンスクールに通ったのですが農業用ドローンを扱うノウハウは学べませんでした。それでトップクルーさんの農業用ドローン専門のコースを受講しました。
 今はだいぶ慣れてきましたが、初めての散布は緊張しました。講習卒業後もトップクルーのスタッフさんが散布に立ち会ってくれて、天候や風向きなどを考えた散布の高さやスピードなど作業を細かくサポートしてくれて助かりました。
 これから夏にかけて、カメムシや、いもち病の防除を予定していますが、今まで大変な重労働だった農薬散布が、むしろ楽しみになっています。


トップクルー岩手ドローンセンター

 

真夏に防除作業中の田んぼで転倒してしまい、重い肥料を背負っていたこともあり、すぐに立ち上がることも、助けを求めることもできませんでした。このことが、ドローンの導入を考えるきっかけになりました。
 70歳ですから最年長ですよ。最初はまっすぐ飛ばせなくて、悔しい思いをしました。実技では苦労はしましたが、若い生徒さんに交じってマンツーマン指導でやっとまっすぐ飛ばせるようになりました。 現在は地元の『大巻(おおまき)農産』の組合員の散布も請け負っています。夏に大きい田んぼの散布を予定していますが、もう田んぼを歩かなくて済むし楽しみです。
 今年は地元の若手の組合員にも資格を取らせドローンも2機目を導入し延べ300ヘクタール以上を散布しました。農業用ドローンの導入で、80歳、90歳と長く農業とかかわっていきたいです。


トップクルー岩手ドローンセンター

 

 

ドローンスクール岩手金ケ崎校【胆沢郡】

引用元:ドローンスクール岩手金ケ崎校

高度な技術を持つドローンパイロットの育成を目的としたスクールです。

講習に使用するのはF450というドローンで、一般的に操縦が難しいといわれています。

敢えてこのドローンを使ってで指導することで、確かな腕を磨けるようです。

官公庁、警察官、建設業など専門分野の方も多く受講しておられます。

 

営業時間 9~17時
定休日 不定休
電話番号 0197-47-3110
メールアドレス info@mashiba.co.jp
公式サイト ドローンスクール岩手金ケ崎校
SNS Facebook→ https://www.facebook.com/dsj.iwate.kanegasaki.school/?locale=ja_JP
X→ https://twitter.com/Mashiba_Shokai
取得可能資格 DIPSドローン資格・国家資格一等・二等
無料体験 無し
スクール所在地 〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根上餅田60番地
地図・アクセス

ドローンスクール岩手金ケ崎校で受講できるコース一覧と口コミ

国家資格無人航空機操縦者技能証明コース(二等)

ドローンパイロットとして安全に操縦や運航管理ができるように、必要な知識を身につけます。

基礎知識から航空法に基づく知識まで幅広く学ぶそうです。

コース名 無人航空機操縦者技能証明(二等)
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間~
適正条件…年齢16歳以上、視⼒、⾊覚、聴覚、⾝体要件あり
受講料 初学者向け
【基本】275,000円(税込)
【基本+目視外】314,600円(税込)
【基本+夜行飛行】305,800円(税込)
【基本+目視外+夜間】328,200円(税込)
【基本+目視外+夜間+25kg以上】370,800円(税込)
経験者向け
【基本】112,600円(税込)
【基本+目視外】138,600円(税込)
【基本+夜行飛行】138,600円(税込)
【基本+目視外+夜間】165,500円(税込)
【基本+目視外+夜間+25kg以上】196,300円(税込)
その他備考 国家資格一等については要問合せ
一等無人航空機操縦士【経験者向け】

国家資格一等については、経験者さんは料金などは公表されています。

初心者の方で国家資格一等を取得したい方は、問い合わせが必要です。

コース名 一等無人航空機操縦士【経験者向け】
定休日 不定休
講習時間 ・19時間以上
受講料 基本222,200円
基本+目視外288,200円
基本+夜間253,000円
基本+目視外+夜間319,000円
基本+目視外+夜間+25kg以上349,800円
その他備考 上記料金には修了審査料2回分が含まれています。
修了審査不合格の場合、追加講習1時間(税込8,800円/1h)を受講後に再修了審査となります。
二等基本+(目視外+夜間+25kg以上)コースもございます。
その際、入学金は基本のみかかるようになります。
スクールで基本を受講された方のみ、次回の限定変更を受講の際、入学金は免除させて頂きます。
技能証明書の発行手数料3,000円、CBT受験費用(1等9,900円、2等8,800円/各一回)は別途でお支払いするようになります。
無⼈航空機操縦⼠資格

認定発行機関は真柴商会さんです。

無人航空機操縦を安全に正しく行う民間資格ライセンスを取得できます。

コース名 無⼈航空機操縦⼠資格
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間(シュミレーターによる10時間補修あり)
適正要件…年齢16歳以上、視⼒、⾊覚、⾝体要件あり
受講料 220,000円(税込)
※資格発⾏⼿数料15,000円と事務⼿数料・テキスト代15,000円は含まれています。
その他備考 3年毎に認定更新料が15,000円(税込)かかります
農薬散布コース

AGRAS農業ドローンによる「農業ドローン技能認定証明書」の取得を目指します。

また、産業用マルチローターオペレーター技能認定証」の取得も可能です。

コース名 農業散布コース
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2~5日間
AGRASコース…4~5日間
飛助MGコース…3日間
無人農薬散布機操縦士コース…2日間
受講料 【AGRASコース】(4日間)193,600円(税込)
(5日間)237,600円(税込)
※産業用無人ヘリコプターオペレーター技能認定証、他社マルチ免許を持っている方。
【飛助MGコース】(2日間)132,000円(税込)
(3日間)198,000円(税込)
※産業用無人ヘリコプターオペレーター技能認定証を持っている方は2日間。
※すべての料金にオペレーター技能認定証交付料が含まれています。
【無人農薬散布機操縦士コース】132,000円
※国土交通省への飛行申請が必要になります。
※物件投下、危険物輸送が取れます。
その他備考 特になし
ドローンスクール岩手金ケ崎校の口コミ

調査中

 

IWATE DRONE STATION【西磐井郡】

引用元:IWATE DRONE STATION

JMA認定の民間資格ライセンスを取得できるドローンスクール。

産業に活かすためのドローンスキルを習得できるそうです。

 

営業時間 調査中
定休日 不定休
電話番号 0191-21-2967
メールアドレス iwatedrone.ids@gmail.com
公式サイト IWATE DRONE STATION
SNS Facebook→ https://www.facebook.com/profile.php?id=100071986351461
instagram→ https://www.instagram.com/iwate_ds/
取得可能資格 JMA認定ドローン資格
無料体験 無し
スクール所在地 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉塩沢129−1
地図・アクセス

IWATE DRONE STATIONで受講できるコース一覧と口コミ

JMA認定パイロット養成コース(2日間)

使用する教材は国交省の許認可を受けて作成したものです。

2日間でドローンの技術、航空法、空力学を習得します。

申請コミコミパックと呼ばれているコースです。

コース名 JMA認定パイロット養成コース(2日間)
定休日 不定休
講習時間 必要日数:2日間
講習スケジュール

●座学・学科講習

・無人航空機の基礎知識
・航空力学
・関連法令
・安全運行管理
・DJIGOアプリの操作設定
・座学試験

●実技・操縦訓練

・基本操縦操縦
・GPS環境下外の訓練
・目視外操縦飛行訓練
・DJIGOアプリの操作実践応用
・フェイルセーフ実地訓練
・機体整備点検
・実技試験

●国土交通省全国包括申請許可

●JMA無人航空機認定証発行

受講料 165,000円(税込)
JUIDA操縦技能証明書の交付には、別途、交付申請料:22,000円(税込)が必要です(全JUIDA認定スクール一律)
その他備考 終了後、国土交通省への全国包括申請を行い、終了証を当日発行されます
IWATE DRONE STATIONの口コミ

調査中

 

JUAVACドローンエキスパートアカデミー岩手校【盛岡市】

引用元:JUAVACドローンエキスパートアカデミー岩手校

空撮依頼も受けている佐々円工務店さんが運営されています。

国交省公認のJUAVACドローンエキスパートアカデミーです。

 

営業時間 10~18時
定休日 不定休
電話番号 019-623-2795
メールアドレス メールiwate-drone@good1r.co.jp
お問合せフォームhttps://www.sasaki-group.jp/sasaenkoumuten/drone
公式サイト 有限会社佐々円工務店
取得可能資格 JUAVAC認定フライト技術証明書、二等無人航空機操縦士、一等無人航空機操縦士
無料体験 有り
https://www.sasaki-group.jp/sasaenkoumuten/drone
スクール所在地 〒020-0872 岩手県盛岡市八幡町4-18
地図・アクセス

JUAVACドローンエキスパートアカデミー岩手校で受講できるコース一覧と口コミ

フライト基本技術コース

国交省への飛行許可申請が可能となる10時間のフライトを達成する基本のコースです。

未成年の方が受講する場合は、保護者の許可が必要。

コース名 フライト基本技術コース
定休日 不定休
講習時間 試験を含む4日間の座学・実技
受講料 250,000円(税抜)
その他備考 特になし
測量基本技術コース(初級)

株式会社パスコ監修の元での講習です。

測量の基礎知識、ドローンによる空中写真測量の方法を学びます。

空撮と解析方法も習得でき、フライト基本技術コースの内容も含まれているコースです。

コース名 測量基本技術コース(初級)
定休日 不定休
講習時間 試験を含む5日間の座学・実技
受講料 270,000円(税抜)
その他備考 特になし
JUAVACドローンエキスパートアカデミー岩手校の口コミ

調査中

 

スカイテックアカデミー岩手 本校【奥州市】

引用元:ヤマハマルチローターアカデミー教習

農薬散布のためのドローンスクールです。

ヤマハマルチローターアカデミーでもあり、農林水産航空協会が交付する産業用マルチローター技能認定証を取得できます。

 

営業時間 調査中
定休日 不定休
電話番号 0197-24-7736
メールアドレス iwatesky@alpha.ocn.ne.jp
公式サイト スカイテックアカデミー岩手 本校
取得可能資格 産業用無人ヘリコプター・マルチローターオペレーター技能認定証
無料体験 無し
スクール所在地 〒023-0003 岩手県奥州市水沢佐倉河鐙田65
地図・アクセス

スカイテックアカデミー岩手 本校で受講できるコース一覧と口コミ

ヤマハマルチローターアカデミー教習

学科は対面教習もしくはEラーニングを選べます。

技能教習については、シミュレーターと実機を用いて行われるようです。

教習費用や日程については、認定証の有無などによって異なります。

コース名 ヤマハマルチローターアカデミー教習
定休日 不定休
講習時間 必要日数:1~5日間
産業用無人ヘリ認定証をお持ちの方…1日間
産業用マルチローター認定証をお持ちの方…2日間
これから認定証を取得される方…5日間
受講料 産業用無人ヘリ認定証をお持ちの方…77,000円(税込)
産業用マルチローター認定証をお持ちの方…132,000円(税込)
これから認定証を取得される方…286,000円(税込)
※開講日の3週間前までの入金をお願いします。
※振込手数料はお客様のご負担でお願いします。
※教材費込み

🔴認定証交付料など
新規オペレーター申請…22,000円(税込)
※教材費、認定評価料、認定証交付料です
機能拡張申請…110,000円(税込)
※認定証交付料です

その他備考 ※「産業用無人ヘリコプター、またはマルチローターオペレーター技能認定証/(一社)農林水産航空協会発行」をお持ちの方は、別途ご相談ください。
※「産業用無人ヘリコプター技能認定証/(一社)農林水産航空協会発行」の取得をご希望の方は、別途ご相談ください。
※認定料交付料金などは(一社)農林水産航空協会の設定ですので変更となる可能性はあります。
受講時に教習施設でご確認ください。
スカイテックアカデミー岩手 本校の口コミ

調査中

 

ドローンに関するよくある質問

ドローンの仕事は将来性がありますか?

ドローンに関する技術は急速に進歩しており、機能が向上しています。これにより、新たな用途やサービスが生まれ、需要が拡大しています。
またドローンは様々な産業に適用されつつあります。農業、建設、不動産、映像制作、災害管理など、多岐にわたる分野で利用が期待されています。
ドローンの活用により、作業の効率向上やコスト削減が実現できます。これは企業や組織にとって魅力的な要素ですし、新しいビジネスモデルが出現する可能性もあります。
総じて、ドローンの技術や利用領域の拡大が進む中、ドローンの仕事に対する需要も増加していくと考えられます。

ドローン国家資格スクールの費用は?

スクールでの講習費用はドローンの資格(国土交通省認定の民間資格もしくは国家資格二等)を持っている「経験者」と資格を持っていない「初学者」で費用は変わってきます。
スクールによって金額は異なるのですが、初学者の場合二等資格で「全国平均¥268,428」一等資格では「全国平均¥800,616」となっています。
そして資格を持っている経験者の場合、講習を受ける際には免除を受けることができるため、講習時間が短くなり、費用も安くなります。
二等資格で「全国平均¥122,679」一等資格では「全国平均¥301,865」となっています。

参考記事→ドローンスクールの料金(免許取得費用)47都道府県まとめ【民間・国家資格1等・2等】

ドローンの国家資格の将来性は?

無人航空機操縦士という国家資格は、所持していること自体はドローンや無人航空機に関する知見が深いとみなされるため重宝します。
ですが、機体認証を受けた機体を操縦する場合に、本来の無人航空機操縦士という資格の効力を発揮します。機体認証を受けることの出来る機体は、現在の日本においてはかなり少なく、今後増える可能性を考えると、将来性のある資格であると言えます。

ドローン操縦士の月収はいくらですか?

ドローン操縦士の月収は、約20~30万円ほどです。業態としては、建設会社などで測量技術者や保守点検者として勤務する割合が多く、他にはフリーランスや副業で空撮やその他点検業務等に取り組んでいる方などがいます。
ドローン市場自体がまだまだ発展途上なこともありますし、プロのドローン操縦士として依頼を請け負っている層はごくわずかです。

ドローン操縦士の年収は?

ドローン操縦士は近年で見ると新しい職業のため、正確な平均年収を算出することは難しいです。ドローン操縦士の正社員採用での平均年収の目安を紹介します。
厚生労働省の「職業情報提供サイト jobtag」によると、ドローン操縦士の平均年収は454万円ほど、月収は22万円ほどです。

ドローン国家資格の難易度は?

無人航空機操縦士試験の合格率等は公表されていないため不明です。参考として学科試験の場合、二等は試験時間30分で50問、一等は試験時間75分で70問を解かなければならないため、時間的な余裕は有りません。
1問あたりの解答時間をかなり短くして解いていく必要があるため、難易度は決して低くはありません。

ドローンの国家資格はなぜできた?

日常的にドローンが不可欠となってくる未来があるという事情と、ドローンが自由に飛ぶと上空や地上での事故につながるため、安全を確保するために法を整備し、安全を確保した上で便利に活用するためです。
日本においては、国土交通省が管轄しています。

ドローンの国家資格は今後どうなる?

ドローンや無人航空機については、2022年12月より無人航空機操縦士という国家資格がスタートし、「無人航空機操縦者技能証明書」と呼ばれる証明書の取得が可能となりました。
無人航空機操縦士には一等と二等の二種類があります。
2023年現在、スタートして約1年と歴史が浅くまだ出来たばかりの国家資格ということで、これからしばらくはドローンを扱う方々の中で無人航空機操縦士を取得する人が増えていくでしょう。

ドローンの資格を活かせる仕事は?

①空撮
ドローンを使用して美しい風景や施設の空撮を提供する業者や映像制作会社で働くことができます。
②不動産関係
不動産のプロモーションや査定のために、ドローンを用いた空撮を行うことが出来ます。
③建設業関係
建設現場のモニタリングや進捗管理、施工前の調査などでドローンを活用できます。地形測量や地図作成などを行う測量技師としても活躍できます。
④農業関係
ドローンを用いて農地のモニタリングや作物の健康状態を調査したり、農薬散布も可能です。農業においての効率向上に貢献できます。
⑤災害・救助関係
災害発生時に被害状況をドローンで調査し、救助活動を支援する事が可能です。
これらの職種では、ドローンを使ったスキルが重宝され、多様な業界で活動できます。資格を持つことで、法令遵守や安全性の向上が期待され、仕事の選択肢が広がります。

ドローン操縦士の国家資格はいつから必要ですか?

無人航空機操縦士という国家資格は、2022年12月より開始しています。この資格を持っていなくてもドローンを飛行させる事は可能です。
しかし免許を取得すると、今まで航空法に基づく飛行申請が必要だったような場所でも、認証を受けた機体なら申請なく飛ばせることができるようになる等、無人航空機操縦士の免許は国が認定した操縦技術の証明となります。

ドローンの操縦は誰でもできる?

航空法やその他関係法令、条例等を遵守していれば、誰でもドローンを操縦する事は可能です。
国家資格や民間資格を取得していなくても、操縦することは可能です。ドローンの技術進化の勢いは凄まじく、だれでも簡単に飛行させる事が可能となってきていますが、大前提として安全・安心のためにもドローンに関する知識や操縦スキルを磨く事などが大事になります。
そのためにも無人航空機操縦士の国家資格を所持することは、客観的な一つの判断要素となる可能性が高くなります。

ドローンの仕事はどのような人に向いていますか?

「ドローンの操作やメンテナンスに関する技術的な興味やスキルを持つ人」
「上空や人が立ち入ることの出来ないような地点からの映像制作に関心があり、視覚的なセンスやクリエイティブなセンスを活かしたいと考える人」
「ドローンに関する法令や規制を遵守し、責任感を持って操縦できる人」
「ドローンの操縦中や飛行前後には予測できない事象や状況が発生することが稀にあるため、その際に冷静に対処し問題を解決できるリスク管理能力がある人」
等、あくまで一例ですが、上記のような人に向いているといえます。

ドローン操縦士は儲かりますか?

ドローンを操縦する事が出来るというスキルは素晴らしい事です。しかし、ただ飛ばすだけではなく「撮影のセンスが良いというクリエイティビティ」であったり、
「無線の知識がある」「建築士の資格を持っている」「農業の知識を持っている」「特定の業界に詳しかったり人脈がある」等、プラスアルファの知識を提供できる等といった、
様々な要素を使って仕事を請け負う事が大事になるでしょう。

ドローン資格をとるには何日かかる?

初学者か経験者かで日数は変わります。初学者は約4日で経験者は2~3日。ドローン講習の初学者は学科講習が10時間以上で実地講習が10時間以上。経験者は学科講習が10時間以上で実地講習が4時間以上です。ただスクールのカリキュラムによって変わり、合宿などは2日で取れる。後は学科試験のみ別会場で受けます。

ドローンパイロットになるには国家資格が必要ですか?

結論から言うと必要ではありません。しかし、ドローンに知見の無い一般の方であったり法人/企業から仕事を請け負う場合は、国家資格を持っていることが取引先/顧客への安心感を与えることにつながったり、
信頼性や安全性をアピール出来たり、仕事を発注するかどうかの判断材料とされる等といった可能性が非常に高くなります。

ドローンで稼げる資格は?

まずは無人航空機操縦士(国家資格)の取得が、ドローンに関する知見や操縦技能を証明する上で大いに役立つ資格となるでしょう。
その他にもドローンを活用する業種によっては、その業種のスペシャリストであることを証明する資格の取得も、稼ぐ(仕事を受注する)上で有利に働く可能性が高くなるでしょう。

ドローン×SDGsで出来る事

SDGsの項目の1つ (ジェンダー平等の実現)において、ドローンの技術を身に着けることで、通常男性が行っていた点検、調査といった様々な業務を、女性が安全に行えるようになります。女性パイロットの育成を支援している企業もあります。「女性だから」という理由で拒まれていた業務も、技術習得や資格取得を支援することで男女関係なく実施出来ます。それにより、ジェンダー平等を実現していく事が可能です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事